スポンサーリンク





めっちゃ男前がさらに男前になって帰ってきた

こんにちは!神田です。



もう完全なる夏ですね。
暑いーーーーーーーーーーー


でも、美々津の夏は、海じゃなくて川に行くっていう楽しみがあります!
透き通った綺麗な川でバーベキューしながら暑くなったら川に飛び込むっていう
楽しい遊びが徒歩圏内でできるっていう贅沢!!!


最近ほんとに美々津に移住してくれる仲間募集中です。
生き方に正解がないって言われる今、田舎に住みながらがっつり仕事もできる時代ですよー!!

ぜひ!!!!!



おわり



 







「金丸さん、今日お店伺います。」



朝起きたら久しぶりのあいつからいきなりのメール。


ええ!?めっちゃ久しぶりっていうか彼まだアレの途中じゃなかったっけ!?

アレの!!



フェイスブックでは色々見てたけど…………

いきなりウチ!?


ええ!?ウチ来るの!?今日!?

いきなりすぎる!!!!






でも、そうだよね。

やっぱそうなるよね。いきなりに。


俺もずっとそうだったもん。


どうもー!今日東京来たんですけど遊びませんか?


そんなメールをいつもお世話になってる人たちに送ってた。


いきなりかよ!!だから事前に教えてくれないと予定たてられないよー!!せめて前の日くらいに連絡くれよ!!っていつも言われてた。


本当、いつも言われてたなぁ。



今考えたらバカだなぁって思う。

予定立てて前もって連絡しとくだけの話なのに、いつ気が変わるか分からないから、なんとなく前もっての約束をするのが嫌いだった。


突然行って驚かせたいってのもあったのかな。


今回、される側になってみて、こういう突然なのも良いもんやんって思えた。

ま、あいつの場合はワイファイがないから直前までメールができなかっただけなんだろうけど。












日曜日。


ランチ営業をしていると、玄関のドアが開き、すごく背の高いバッグパッカーが入ってきた。


年季の入ったバッグ、伸びたヒゲ、ボサボサの髪の毛、よれた服、でも精悍なオーラ。


たくましくなったなぁ。




いやー、マジで久しぶり!!


ロニー君!!世界一周お疲れ様!!!





あ、間違えた。

これ丸いパグだ。












「いやー!金丸さん!!やってきました!!」



「良い旅してきたねー!!めっちゃ男前になってるやん!!」



「ホンマにー!!ロニー君、東京で会った時よりめっちゃ男らしくなってる!!やっぱり旅は男をカッコよくするねぇ。」




五十嵐ロニー君。

フィンランドと日本のハーフ。


もともとはブログの読書さんで、俺が東京でライブとかイベントする時は必ずってくらい足を運んでくれてた。


そんなロニー君が仕事を辞めて世界一周に出発したのが約1年前。


旅の内容がまたハードで、野宿するわヒッチハイクするわで見ててなかなかハラハラする。

俺こんな心配かけてたんですね…………周りに…………


ホント、野宿とかマジやめましょうよ…………

見てる側はすごく心配になるんですから…………


ナメクジ食べなかった……?






現地の人との交流も多いし、観光地もほどよく回ってるし、加えて知識が豊富だからそれぞれの出来事に対しての考察も面白い。


フェイスブックに上がってくる写真はどれも懐かしい世界の風景で、当時のことを思い出しながら、あぁ、ロニー君今あそこにいるんだ、って旅を疑似体験させてもらってた。


ロニー君自身もドンドンもまれて、日に焼けて、ヒゲが生えて、東京にいる時のあの清潔で色白で頼りなさげな王子様タイプだったのが、日増しにワイルドな男になっていくのも見ていて楽しかったなぁ。


世界中を周り、さまざまな経験をしてタフな男になって帰ってきたロニー君。


目が真っ直ぐ。

そしてこんなにカラッと笑うやつだったっけ?って見違えた。


いやー、なんか人間がフィルターなしになったっていうか、自信に溢れてるように見える。


旅は人間を成長させるなぁ。



「とりあえず、はい、チキン南蛮。」



「いただきます!!ブフォッ!!美味しい!!このチキン南蛮、奇跡的に美味しい!!!」





うーん、旅してる人にご飯いっぱい食べさせたくなる気持ちが今めちゃくちゃよく分かる…………

色々したくなるわー……



死ぬほどいっぱい人に助けてもらってきて、ようやく今やれる側に回れてる。


でも、俺って困ってる人を助けてる優しい人間なんだよね!!俺ってそうなんだよね!!コマッチャウ!!なんて思考には全然ならない。


むしろ、させてもらえる機会を与えてくれた人に感謝。



いやー、それにしても今まさに世界一周から帰りたてホヤホヤかぁ…………


まだ頭の中も体も旅仕様のままなんだろなぁ。



「んー、でも日本に帰ってきて早くも旅のことがドンドン薄れていくのを実感しますね。」



そうだよなぁ。

切ないけど、決別して前に進むしかないんだよね。

旅で得たものを埋もれさせるか、常に磨いていくかは自分次第だ。








「よしロニー君、もうこうなったらアレだね。」



「そうそう、アレですな。」



「え?なんですかアレって?」



「もう美々津に住んじゃおうか。」



「美々津いいところですよー。大阪から来た私が言うんだから間違いあらへん。」



「えー!ホントですか!?でも…………うーん…………たしかにアリかも…………」



「仕事と家は任せときんしゃい!!ロニー君これからはどうする感じなの?日本で。」



「今プログラミングの勉強してて、他にも色々とパソコンで稼いでいくっていく方向を模索してるところですね。理想はパソコンで本業をやりつつ自由に色んなところに行くスタイルです。」



「おっ!!ちょうどいい!!」



「ちょうどいい!!風情ある古民家に住みつつ漁や農業、畜産などのシーズンものの仕事をやりつつ、自然に囲まれた静かな環境でパソコン仕事にも打ち込める。そう!!まさにノマドやサテライトオフィスにピッタリの町、美々津にヨウコソ!!」



「た、たしかに良いかもしれない…………」



「よし決まり。プルル、プルル、プルル、あ、マコト?今人手が足りんて言ってたよね?1人いるけどどう?うんうん、わかった。じゃあね。ロニー君、今夜畜産やっててバイト募集してる友達が来るから。」




ソッコーで仕事の段取りをし、住める場所を探しましょうか。


だってマジ仲間欲しい…………



これからおそらく美々津はマジで忙しくなる。

相当面白いことが始まりそうな予感がするんです。

俺とカンちゃんだけじゃなくて、田舎で面白いことをスタートさせて、それを楽しめるようなマインドの仲間がホントに欲しい。


クリエイティブで都会的な感性の持ち主でありながら、田舎暮らしが好きで、なおかつ田舎のコミュニティでやっていける空気の読める人ならなおいい。



これからの時代、田舎はマジでクールな存在。

東京暮らしよりも、あ、俺岩手の三陸の田舎の漁村です、とか、鳥取の奥出雲住まいです、とかのほうがカッコいいって時代だと思う。


そこにさらにブランド力が加わったらもうマジで青山とか恵比寿とかのレベルですよ。


田舎でモノを創造していくってのがイカしてる。



美々津をそんなブランド力を持った町にしていくために洗練された仲間が欲しい。


世界を飛び回るアユムさんとか最高の人材なんだけどなぁ。




んで、ロニー君はというと、





これがめっちゃ人材。



めっちゃいろんなことにアンテナ張ってて、最先端のことに興味津々で、実際行動力もある。

旅して様々なことを見て経験してきて、コミュニケーション力も高くて、語学は英語、フィンランド語バッチリ。


日本語に関してはカンちゃんを遥かに凌駕します。



「最近はグラスフェッドバターってのが面白くて、ホニャララホニャララがなんとかかんとかで、ちょめちょめがうんぬんかんぬんで、ケトンタイがケトンタイで、」



「え?ケトンタイってウルトラマンの敵?」



いやー、ロニー君が美々津に住んで自分のやりたいことをやりつつ、忙しい週末なんかにウチのお手伝いしてくれたら最強だろうなぁ…………


めっちゃ背が高くてめっちゃ男前でフィンランドのハーフで英語バリバリで世界一周したバッグパッカー。

しかも長いことイタリアンレストランで働いていた経験があるのでホール完璧、カルボナーラとかチョチョイのチョイの助。



最強すぎる…………



しかもプロ目指してたくらいのバンドのドラマー。



店乗っ取られるかもしれない…………






「ちくしょう!!よーし!!ロニーこの野郎!!旅でタフになったんだろう!!タフガイすぎて虫なんかヘッチャラマンだろう!!!キャアア!!桜に変なやつおるから割り箸で取ってえええええええ!!!」














「うえええ!!キモっ!!キモい!!プニプニする!!!」



「きゃああああああああ!!!!キモすぎる!!ウネウネする!!!ヒイイイ!!!」









弱い旅人の図。


世界何周しても虫はキモい。


































「とにかく1回東京に戻って、それから色々やってまた機会を見て美々津に遊びに来ます。」



2泊ウチに泊まって、そして出発の日。


ヒッチハイクでこれから北上していくとのことで、どこかヒッチしやすいポイントまで乗せていくことに。


そりゃあもうこの辺りは今まで僕が数え切れないほどヒッチハイクしてきた庭ですからね。


この美々津から親指1本で日本中に行ってきましたから。

中学生のころから。




というわけで送ってきたのは延岡のはずれ。

ここからなら大分方面に行く車しかいないので、途中の町の真ん中で降ろされてまた町外れまで歩かないといけないっていうあの面倒なパターンにならないで済む。












「よし!!それじゃあ始めます!!」





荷物を道路脇に置こうとして、バッグが地面につく前にすでに親指を立ててるロニー君。


もはやヒッチハイク職人。


俺たちは少し離れたところからその様子を見守る。



「捕まるかなぁ。どんな車かなぁ。ワクワク。」



「ロニー君なら女の人でも止まるかもしれないね、ワクワク。」







ワクワク














ワクワク













ワクワク














全然止まらんじゃねぇか。



金丸さん、この場所全然止まらないじゃないですか、どうなってんすか?何がヒッチハイクの達人ですか?ナメてます?みたいなオーラが背中からほとばしってるような気がしないでもない…………



「よっしゃあああああああああああああ!!!!!どいてろやあああああああああああああ!!!このヒッチの神、ザ・サムと呼ばれてきた俺の実力を見せてやるぜえええええええええええええええええ!!!!!え!?なに!?ロニー君どっちにする!?どっちがいい!?どっち!?立てるの親指かチンチンかどっちがいい!?ウケる!!」


















5分で飽きて鼻ほじりながら日陰へ。



全然掴まらねぇし…………



カンちゃんと2人でキャッキャ言いながら遊んでる後ろで、暑いひなたで親指を立て続けるロニー君。


しかし全然つかまらない。









あー、なんか思い出すなぁ。


あの広島の安佐北でのヒッチハイク。


全然つかまらなくて船の時間に間に合わないー!!って焦りながら親指立ててたよなぁ。



あれ以外でもいっぱいあった。

何時間も道路脇で親指を立てて、グッタリすることなんて数え切れないほどあった。

もうこのまま一生先に進めないんじゃないかって思えるような途方も無い感覚。


でも俺もロニー君も知ってる。



ヒッチハイクは必ず止まる。


乗せてくれる人ってのは決まってるもんだ。


その人がたまたま1分で通りかかるか、3時間後に通りかかるかってだけのこと、

ヒッチハイク好きのドライバーは必ずいる。




興味があるだけの人もいる。

乗せたことないけど乗せてみたいって思ってる人。


その人が乗せてくれた時に、楽しい時間を過ごしてもらえたら、その人はまた次にヒッチハイカーを見つけた時に止まってくれる。


そうして今後のヒッチハイカーたちにつなげていく。


中にはドライバーさんに金をせびるようなクソのヒッチハイカーがいるのは残念だけど。


ロニー君を乗せたドライバーさんはきっとまた次の人を乗せようって思ってくれるはずだ。












所用時間50分。








止まってくれたのはとある会社の社用車。


本当は鬼のようにこの会社の素晴らしさを爆裂に書き綴りたいところだけど、仕事中に乗せたのを書くわけにはいかないので控えときます。


とりあえず今度から文具はここでしか買わない!!!


ロニー君また美々津に遊びにきてね!!

できれば長期で!!!

そしてなんか面白いことを一緒にクリエイトしよう!!


元気でー!!



















さてさて、ロニー君が美々津を去り、今はひたすら写真集に取り組んでます。


毎日色々と来客があったり町の行事などに気を使ったりしながら、空いてる時間は全て写真集。

おかげでだいぶ進んできました。



工程としては、



1、まず印刷会社を見つける


2、過去約5年分のブログを全て読み直して印象的な写真と言葉をピックアップ。これに数ヶ月かかりました……


3、ピックアップした言葉を再度チェックして厳選してプリントアウト


4、ピックアップした写真をハードディスクの中から見つけ出して画質のいい元データと入れ替え


5、カンちゃんがザッと世界二周分のページのレイアウトを作成。これも数ヶ月…………


6、2人でレイアウトのチェック。カンちゃんが本文中に使用しなかったボツ写真とボツ言葉を再度見直しながら細かい作り直し


7、表紙やチャプターページの作成


8、校正しつつもう一度見直し


9、もう一度見直し


10、印刷会社に発注






今やってるのが8あたりです。


やっとここまで来た…………







ページ数はかなり多いです。


フルカラーでめっちゃこだわった写真集にしようと思ってるので、金額もかなりのことになりそうです。正直、おそらくクラファンで写真集にご支援いただいた金額を超えると思います。


実は完成したら300部くらい印刷して、クラファンのリターン分を発送して、残りはお店で一般販売しようかなって思ってました。

これだけ気合いを入れて作ったんだし。





でも何百部も印刷しようと思ったらめちゃくちゃコストがかかる。


ではページを削るか?



いやいや、もうアレはしたくない…………

今まで本を2冊作ってきて、多くなりすぎたページを減らすっていう避けて通れない作業と戦ってきました。


大事な大事な部分を1ページ、また1ページと削っていくのって、まるで自分の体を削っていくみたいに苦しい作業なんですよね…………

本を作ったことのある人ならわかると思います。






今回の本だけは絶対それをしたくない。

出版社通してないんだもん。

自分たちで決められるんだもん。


削って削って削りまくって出した本って、必ず後悔が残る。

これまで、それをイヤってほど味わってきました。


今回は絶対に削らない。

書きたいことを書く。





だから削らずに、その分、部数を減らして発注します。

なので一般販売はできないと思います。


クラファンでご支援してくださったかたたちにのみ、お渡しします。


めちゃくちゃこだわった、僕らの全てを詰め込んだ最高にカッコいい写真集です。


あともう少し。

ホントあともう少し。



僕の経験上、レイアウトが完成して校正して、すぐさま発注ってのはやっちゃいけないことだと思ってます。

締め切りに追われて慌てて発注すると、少し日数が経った後に読み直したとき、あぁ、この部分こうすればよかった、ここの書き方がおかしいやん……っていう風に気に入らない部分が出てきます。


それがないよう、完成してから数日開けて再度見直し、さらにもう一度見直し、という感じで完璧を目指します。




現在は1回目の見直しをしている段階です。

やっぱり少し細かい直しを入れてます。


早く支援者の皆さんにお届けしたい。

その気持ちはあるんですが、この作業は絶対に怠ったらいけないと思ってるので、もう少しお待ちいただけたらと思います。



うわぁ…………これで発注してから、データの形式がおかしいとか余白の取り方がおかしいとか印刷会社からダメ出しきたらどうしよ…………


キエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!ってカンちゃんが発狂するだろうな…………



あともうちょいです!!!!

これ終わったら次のことに没頭するぞおおおおおおお!!!!







スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓