スポンサーリンク





トウキヘンコウ、アタマパニック

こんにちは!神田です。



3日連続で泳いでます。

そんなこと子供の時以来かも!?!?


川、川、プール。

あっつ!→泳ぎにいく?→5分後ダイブ
ていう贅沢。

夏らしい夏、過ごしてます。


みなさんはどんな夏をお過ごしですか?



おわり





ニトリはいいですねえええ。


なんでも揃いますね。オシャレめなやつが。



ヨーロッパにいる時はイケアばっかり行ってたんですけど、宮崎の最寄りのイケアって福岡なんですよ。


遠すぎますよ。




というわけで南九州の人間からしたらニトリは大きな味方です。


これから僕たちはお店を始めるけど、自分たちの新居も整えないといけません。


お店の2階に住む予定です。憧れの古民家生活です。


家具とかも色々揃えないといけないんですが、まぁ一軒家を購入しましたからね、長い住まいになる予定なので自分たちの理想通りにカッコよく、快適な空間を作りたいです。





ていうかニトリでお買い物をしていたら、僕らの横でお皿を選んでるご夫婦がいたんですよ。


50代半ばくらいの。


お、これいいな、これもいいな、これも買っちょこうか、と旦那さんが楽しそうにお皿を選んでるんですけど、その後ろで奥さんがひたすら、洗うのは私、洗うのは私、って言ってて面白かったです。


洗うのは私。


お店始まったら洗うの僕の仕事!!!

















ところで今神田さんがいないんですよ。


これから2ヶ月くらい別居生活になりそうです。



とうとう僕に愛想をつかしたのかもしれません。


嘘です。自動車学校です。


今日から神田さんは遠いところに行ってしまいました。

これから2ヶ月もこうした会えない数時間が発生いたします。


つまり野獣が野に放たれたということです。


性獣ですね。




僕HIVじゃないですからね。

それはもうなんかもう色々アレですよ。ヤバイですよ。セーフティーな男になります。


心置きなくセック……おっと、いけません。


下品な言葉はやめましょうね。



まったく、36歳にもなってふざけてたらいけませんね。

結婚して世帯主になってこれから頑張っていこうっていうときにまだ無職とか本当チャーミング!!テヘッ!!








とりあえず全裸でゆまちゃんでしょうね。


家に1人ですからね。何してもオーケーですよ。


人間とは思えない体勢でスマホをいじりましょうか。親が見てもわからないほどの体勢で。



ていうか今これを書いてる僕の体勢、ブリッジですからね。全裸で。


信じられないくらい変態的な格好でiPhoneをいじつています。



フオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

人に見せられない秘密の自分をブログに書いてるこの変態感んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!
























さて、このような変態の未来をかってくれた日本政策金融公庫の山ぴーさん、お元気ですか?


僕は元気です。



山ぴーさん!!


山ぴーさんに頑張っていただいて出してもらえた融資!!!



その融資で古民家の購入代金をついに支払いました!!!!




コニーと一緒に金融機関に行ってお金を振り込み、そして手数料などの代金も全てお支払いしました。



あ、コニーってのは不動産屋さんの担当さんです。

とてもステキな可愛らしいかたです。


仕事できるし、すごく親身になってやってくれるし、もう4ヶ月近くやり取りしてますからすでにお友達くらいの気持ちです。


コニーめっちゃ頑張ってくれます。





ちなみに面と向かってコニーって呼んだことないです。

売買が完了したら今度試しにコニーって呼んでみます。


キレてビンタされたらどうしよう。


















でもお金は支払ったけど、まだ最後の仕上げが残っています。



そう、登記変更手続きです。



これ結構油断してたんですけど、今になってめっちゃデカい壁となって僕らの前に立ちはだかっています。




そもそもこの登記変更手続きって司法書士さんにお願いしてやってもらうようなものなんですよ。

20万円くらい払って。



それを墓場のベンチで野宿してたような限りなくチンパンに近い生物がやろうとしてるんですよ。


積み木じゃないんですよ?登記変更ですよ?


バナナの皮むいて賢いですねとか言われるレベルの霊長類が登記変更とかなかなかの偉業ですよ。




でもそこもまた優しいコニーが色々アドバイスしてくれたり書類集めを手伝ってくれたおかげでスムーズに進めることができてました。

抵当権抹消とか本当僕らだけじゃ頭が破裂してたはずなのでマジで助かりました。








が、ラストになってなかなかの問題が発生。



昔の古民家って、長年の歴史の中でちょこちょこと改築を行なっている部分があるので、それが市役所に保管されてある資料の平米数と法務局が管理している資料の平米数に若干の違いがあるんです。


この数字がキチッと合っていないと新たな登記変更ができないかもしれないという可能性が浮上してきました。



ええええええ…………


なんなのその宇宙規模の壮大な話いいいい…………





もう頭煮えそうだからとりあえず天領うどんの天ぷら。




肉もいいけど天ぷらも神。














さて、世の中では建物の形状を少しでも変えたとしたら、土地価格調査士という先生にお願いしてキチッとした測量をしないといけないみたいです。


でも実際は、建物の増改築をしたとしてもわざわざ毎回大金を払って調査してもらうなんてことはしないのが世の中の人たちの大半らしいです。


暗黙の了解というか、そこまで厳しくは管理してないってことだと思います。


それに、増改築といっても全体を見て大幅に平米数が変わっていなければだいたいは問題ないっていうところもあるみたい。



うわぁ、社会のこと勉強してるー。






とにかくチンパンはチンパンなりにめっちゃ頑張って色んなところに足を運び、役所の人に現地調査に来てもらったり、法務局が行ってる予約制の登記変更手続きの相談会に行ったり、そこで渡されていた登記変更手続きに必要な書類に必要事項を書き込んだり。


もう売買契約書とか登記情報とか公課証明とか評価証明とか権利書とか、書類が多すぎて完全なるパニックですよ。


法務局の手続き、マジで細かい!!!!!





あの法務局のオフィスの中に漂ってる独特な空気、めっちゃお役所って感じですね。


昔っから、ああやって世の中のシステムを書類積み上げて管理してきた部署なんだよなぁ。


ウルトラ地味だけど、きっとあの人たちがいなかったら成り立たない社会のシステムがたくさんあるんだろうな。



社会ってたくさんの人たちが作り上げてるものなんだなって、本当こうやって役所回りしてるといい勉強になります。




というわけで宇宙的に頭ぶっ飛びそうなので川にダイブ!!








しんごに見られながら!!






















却下される可能性はあるかもしれないけど、半々くらいの可能性に賭けて登記変更手続きを申請してきました。


これが受理されて登記の名前が変更されたら、その時に晴れてあの古民家は正式に僕たちの所有物になります。



「カンちゃん、上手く通るかなぁ。」



「わかんないねぇ。法務局の人たちすごく厳しそうだからもしかしたらダメってなるかもね。」



「その時は調査してもらわないといけないから、また俺たちのものになるのがしばらく先になるなぁ。なんだかんだ次から次へと壁が立ちはだかるなぁ。」



「ねー。でも私たちなんだかんだどの壁もクリアーしてきてるから、今回もいけそうな気もする。」



「なんだかんだナオだけにね。」




「なんだ神田奈緒です。」




カンちゃんが高校生の時に藤井隆のなんだかんだ叫んだってーってあの歌が流行ってて、「なんだかんだなお」で友達から年賀状が届いたそうです。



カンちゃんと出会ってから、ずーっとなんだかんだどの試練も乗り越えてこられてるもんな。



やっぱりカンちゃんはお守りです。



法務局バッチコイ!!!!








スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓