スポンサーリンク





36歳にもなってスーツ持ってない男がコッキン行きましょうか

こんにちは!神田です。



毎日毎日、すごい雨ですね。


関西でも学校は休校、川は氾濫しそうだし、洪水の情報とかもたくさん飛び交っていて
本当に心配です。

九州でも大雨洪水警報が出ていて、海は荒れてるし本当に自然の力は怖いとひしひしと感じています。


早く穏やかな日々が戻ってきますように。




おわり





宮崎に帰ってきてるというのに、爛漫にチキン南蛮を食べに行く時間すらないです。


爛漫のチキン南蛮食べたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!


チキン南蛮とチキンガーリックソテーのセット食べたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおたおおおおおおおおおおおお!!!!!






めっちゃバタバタです。



古民家の補修関係の打ち合わせ、


補助金の勉強、


地元の大工さんのところに行ってお店作りの相談、




1番打ち込んでるのが事業計画書作りです。



なんですか?事業計画書て?

信じられないほど計画性のない人生を送ってきたくせに今さら何を作ると?


いやー、正直お店をやるとなるとお金がかかります。


なので融資の申請を検討してるんです。





いやーウケますよね。


セイシじゃないですよ?ユウシです。





ブフォ!!!セイシて!!!ウケる!!!あ、間違えた、ユウシか。どっちにしてもウケる!!


誰が貸すの!?!?

こんなホーケーに誰が貸すの!?!?

萬田さん!?!?トイチ!?!?


ほおおおおおおおら!!!!

カスにお金カス人この指止まれえええええええええええええええええええええ!!!!!!





ええ!?なんて!?

コッキンで借りる?


ウケる!!何言ってるのこのチンパン!!!


コッキンて何!?


バッキン払ってシッキンならしたことあるけど!?









日本政策金融公庫ですね。




チャレンジします。


めっさ怖いけど、とにかくチャレンジです。



多分人生で数回しか着たことのないスーツというものに袖を通すことになるでしょう。

そして腕時計をしないといけないそうです。



みなさん知ってましたか?

面談、面接の時、しっかりとした社会人は腕時計のするのが最低限のマナーらしいです。



なんですかその衝撃的な新ルールは?


腕時計をしないで面接に行ったら、だらしない人間だと判断されるわけですか?



おー怖い怖い。

橋の下とか墓地とかで寝てきた人間なのに腕時計すればいいんですね。

世の中不思議がいっぱいですよ。











コッキン。


日本政策金融公庫。


新規事業を開業するときに資金の支援をしてくれる国の機関です。


銀行とかなんかより利子が圧倒的に低くて、そして審査もおそらくコッキンが1番ユルイと言われています。




新規開業の融資だと最大7200万円、支払い期限20年、利子は高くて2パーセントです。

日本の経済の活性化のためにも、国はビジネスをしたい人にお金を貸して、頑張って経済を回してもらいたいようです。




ただし、なんの計画性も将来性もないビジネスには国はお金を貸してくれません。


キチンと返済していける能力があるのかどうかを、経営者の人柄や事業の内容、競合の存在などから判断し、もしイケると判断してもらえた場合のみお金を融資してもらえます。





その判断をしてもらう場というのが、申し込みからの面談です。

コッキンの審査官さんとマンツーマンで面談するんです。



自分たちの事業の内容、ポテンシャル、良い部分、とにかくアピールできるところを死ぬほどアピールしたおす!!!!

そして心配なところも隠さずに正直に話す!!!




相手は百戦錬磨の審査官さん。


これまでビビるほどたくさんの経営者の卵を見てきてるはずなので、小細工は間違いなく通用しません。

ハリボテでカッコよく見せようとしても2秒で見透かされます。


なので、とにかく誠実にぶつかるのみ。


その面談に行くまでにどれほどキチッとした事業計画書を作ることができるか、ってのがカギになってくると思います。










まぁ、勉強しましたよ。


ひたすら人のコッキンの体験談を読みあさり、面談のコツ、やってはいけないこと、などを頭に叩き込みます。



まずめっちゃ大事なのが税金、公共料金の未納がないかどうか。


これで未納があったり、ブラックリストとかに載っていたら、まず絶望的だと思います。


僕は払っている、もしくは正式に免除をしていたので多分大丈夫。

念のために役所に行って、未納はありませんよ、という公式な書類を発行してもらっときました。





次に経験。


僕らは居酒屋形態のお店を始めるつもりなので、そういった飲食業での経験があるかどうかが大事になります。


これがちょっと心配。

僕の場合、ちょっとだけバーで働いたことがあるくらいなので、これをどう突っ込まれるか。


ただカンちゃんが大阪で3年ダイニングバーで働いていたので、そこは全面的にアピールしていこうと思います。







次に自己資金。


新規開業に向けて、自分たちがどれほど頑張って準備してきたか、というところを評価してもらう部分です。

面談の時に預金通帳をしっかり確認されます。



融資金額の10分の1くらいを持っておくことがマストなようです。

例えば1000万円借りたかったら、100万円の自己資金を持ってましょうってことです。


僕らは海外で貯めてきた自己資金があるので、それを見せることができます。





ただしここで注意が必要なんですが、自己資金の見せ金は絶対にやってはいけません。


一時的に親に300万円借りて、それを自己資金ですーって持って行っても、審査官には2秒でバレます。


審査官は、経営者がどれほどの情熱を持って、この開業に向けてコツコツと頑張ってきたか、そういうところを見ていると思います。


親とかプロミスとかから借りたお金を見せ金として通帳に入れて面談にきても、あぁ、この人はその場の勢いで開業しようとしてる計画性のない人なんだ、と思われて終了です。




まぁ僕らもここはだいぶ不安なんですが…………


なんせ僕らも海外で作ったお金なので一気に通帳に入ってるし、そもそも路上のお金なので明細もなんもないし…………


果たして審査官がどんな反応をするのか…………


とりあえず僕らはブログを数日分プリントアウトして、こうやってお金をコツコツ貯めました、ということを説明する方法でいくことに。

ていうかそれしか道はない。













こっから先は熱意ですね。


熱意と冷静な自己分析。危機管理。



どんなお店にするのか、

どんなテーマなのか、

どんな料理を出すのか、

どんな客層狙いなのか、

どんな広告方法でいくのか、


どんな仕入れ値で、どんな価格で販売して、その場合の利益率はいくらで、

どんな経費で、どれくらいの利益がどう出るのか?

ビール1杯だと原価率いくらなのか、

唐揚げだったら塩まで計算に入れて原価率いくらなのか、


仕入先との提携はすでにあるのか、



そもそもの動機、

将来的な展望、


熱意と誠実さ、そして自分の事業への愛情。


田舎でやる場合ならば、その土地への愛情、


地域活性への想い、







めっちゃ気合いを入れてカンちゃんと計画書を作っていきました。


書類を作るのが得意なカンちゃん。

俺だけだったら絶対こんなことできない!ってくらいしっかりした抜かりのない計画書を作ってくれます。



地域の人口、そのうち20代~60代までの割合は何人なのか。

FLで60パーセント以下になるか。

お店を始めるにあたっての厨房設備や機器類の値段を全部細かく調べ上げて、必要な金額をキチンと数値化できているか。




俺は不動産屋さんと話を進め、契約までの流れを調整。


昔鳶をやっていた経験をいかして地元の大工さんとリノベーションの見積もり交渉。

ここは自分たちでやります、ここはこれくらい下がりませんか?っていうやり取りは、かなりデリケートな部分だけど、腹を割って正直にぶつかることが大事だと思います。


地元の畳屋さんにも相談に行ったり、スーパーに価格を見に行ったり、とにかく事業計画書に抜けがないよう、カンちゃんと2人で計画を固め、その裏づけを取りまくる。



事業計画書はこれだけで万全に作り上げ、その上で親にも相談して周りのバックアップがあるということをアピールし、さらにクラウドファンディングでだめ押ししつつ、たくさんの人にお店作りに関わっていただく。



マジで結構ガッツリ作りました。



2人で出かける時なんかは、常に面談の質問のシミュレーションです。



「えー、ではお店を始めたいと思った動機はなんですか?」



「競合の存在はどうですか?」



「客単価と利益の根拠はなんですか?」



「損益分岐点はいくらですか?」



「ソーローなんですか?」



「こんなお下劣な計画書、初めて見ました。」



「うちの社員がこんなもの持ってきたら殴ってたでしょうね。」



「その顔とな、喋り方がめっちゃ腹立つ。」



「謙虚になれよ!!!!」





うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!

マネーの虎の小林社長みたいな人だったらどうしよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!




はぁはぁ…………


怖えええ…………


でもお金貸してもらうんだから生半可な覚悟じゃダメだよな…………



お金だもん。

萬田さんだったらマグロ漁船か腎臓だもん。




覚悟決めて気合い入れてのぞまないと。



とにかく!!まずはコッキンの定例相談会ってやつがあるので、そこ行ってきます!!!

そこでガッツリ相談してダメ出ししてもらってきます!!


友達からスーツも借りました!!


一応空気読んでいきます!!!



ていうか、ええええええええええええええたかえてええええええ!?!?スーツ持ってないの!?

36歳にもなって自分のスーツ持ってないの!?!?

普通成人式のときに作るくない!?!?

成人式破れたジーパンと革ジャンで行ったし!!!



マジ怖ええええええええ!!!!!

アメリカ入国の時より怖えええええ!!!!!





スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓