スポンサーリンク





物件もそうだけど、資金はどうする?

こんにちは!神田です。



フミくんがブログを一旦終わってから今回再開するまで。そして再開してからも毎日のUPじゃないということで、
かんちゃんコーナー最近また気合い入ってちゃんと書いてるね〜てフミくんに言われたのがおとつい。

ネタ切れ再発です。



今実家のリビングでこれ書いてます。

うちは元々二世帯だったから私たちのリビングは2階にあって、壁一面の出窓からの景色がすごく良くて。
朝早く起きると山から顔を出す朝日が見えるっていうなんとも贅沢な実家です。


いろんな作業が頭パンクしそうなくらいあるのに、このリビングにいるとすぐごろ〜ん
てしてしまうううううう。



おわり







さて大好きな新潟市で歌うぞーと、ネオン街である夜の古町に向かいました。



僕が2年前くらいに書いた日本全国ネオン街路上マップで、数少ない星5個をつけた街のひとつである古町。


街の作り、お店の数、路地裏の雰囲気、人通り、軒があって雨でもやれる、呼び込みの黒服さんがほとんどいない、老舗のお店が多い、舞妓さんが歩いてる、どことなく流れる品、


全てにおいて僕の理想にかなり近いネオン街です。

新潟サイコー。





というわけでワクワクしながら路上に立ち、さぁ頑張るぞーとチューニングをしているところでした。



いきなり1人の男性が僕の横に立ち止まりました。




「うわあああああああああああああ!!!!金丸さんだあああああああああ!!!!なんまらすげーー!!!うわあああああああ!!!ついに会っちゃったよおおおおおお!!!!」




いきなりめっちゃテンションの高いお兄さん。

ギターを担いで、手には折りたたみ椅子も持っててどうやらストリートミュージシャンみたい。




「あああ!!ごめんね!!俺が勝手に一方的に知ってるだけで金丸さんは俺のこと知らないもんね!!やべーー!!ちょ、あれ!!singing to the rainbow!!ああああ!!もうあれマジ名曲!!!語るように歌い、歌うように語るだもん!!ヤベー!!」




めっちゃすごい勢いで圧倒されてしまう…………





「あ、あの…………よ、よくご存知ですね。」



「もう俺だって全部見てるもんーー!!!日本旅のブログとかマジで10回くらい繰り返し読んでるし、つくばの彼女がいた時の最初の旅の日記とかも読んでるもん!!!ホラ!!大学ノートの日記を彼女に送って彼女に打ち込んでもらってたんだよね!!!筑波大学の文化祭に行ったり!!!ていうか金丸さんイメージ違うしー!!!俺ずっと金丸さん会いたかったんだけどゼッテー怖い人だからもし路上がかぶったりしたら何俺の場所でやってんだよ、どけや、つって蹴られたりするんじゃないかってめっちゃ怖かったのに本物めっちゃ腰が低いし!!!もう敬語やめてよーーー!!!やべー!!」




さ、最近俺のこと知ってくれてる路上の人によく会うな…………

しかもみんなクセが強い…………


会った瞬間蹴るとか、荒くれ者にもほどがあるでしょ…………





どうやらこのお兄さん、ずっと前から僕のブログを読んでくれていたみたいでした。

それも世界旅に出るもっともっと前の、まだブログのアクセス数もほんのわずかだったころからのヘビー読者さん。


自分で書いたことだけどもうとっくに忘れてしまったような過去の話がめっちゃ出てくる。




「いやー!!日本の旅のブログとか本当面白いもんー!!ホラー!!金丸さんあそこの町のあそこの通りのあそこの角でやってたでしょ?!12年前に!!あの日のブログ最高に面白かったー!!あの日に会ってた女の人のこと覚えてますか?」




「え…………いや…………お、覚えてないなぁ…………」




「ホラー!金丸さん、その人のことこうこうこうって感じで書いてたんですよ!!そんでその日はあそこでご飯食べたって!!」




「ど、どこのことだろう…………」





俺より俺のこと詳しい!!


あまりにも昔のことすぎて全然覚えてないんだけど、お兄さんはブログで記憶してくれてて、本当に色んな話が出てくる。





「いやー!!すごいよ!!!本当にすごい!!!俺が旅に出たのが2002年の9月10日なんだよね!!!金丸君が旅に出たのが2002年の9月1日じゃん!!10日金丸君が先輩なんだよね!!!俺のほうが年上だけど、俺の中では金丸君は師匠だから!!ていうか俺宮崎も何回も行ってるんだよね!!宮崎本当毎年行ってるから!!!」




お兄さんは北海道出身で、日本歌い歩きをずーっとやってるベテランさんだった。


ていうか10日違いで旅に出てたって、めっちゃ同期やし!!!すげぇ!!!





え…………?


ていうか待って…………?





北海道から旅してて宮崎でよく歌ってる人…………?






え…………?






「も、もしかして毎年宮崎に滞在して結構長いことやってるかた…………ですか?」




「そうだよーー!!!そう!!!俺いつもきっちょう!!!きっちょうのたまかウドンなんだよね!!まだ爛漫行ってないの!!!」




「爛漫行ってくださいよ!!ていうかええええええ!!!あの人ですか!?!?」




宮崎の飲み屋に行くと、かなりの頻度で遭遇する北海道から日本一周してますっていう看板を出したストリートミュージシャンのお兄さん。



俺も日本旅の中でたまに宮崎に帰って友達と飲みに行くたびに何回も飲み屋街の中で見たことあった!!!


ええええ!!!あの人!?!?




「ちょ!!知ってますよ!!何回も見たことあります!!札幌から日本一周してるって看板出してて、へー、そうなんだーって思ってたら次の週もいて、その次の週もいて、もう住んでるんじゃないの?って思って、そんで旅に出てから色々回って2年経って宮崎帰ったらまたいるやん!!っていう!!」



「うわぁ!!やっぱり見たことあったんだぁ!!ちゃんと旅しろよって蹴られなくてよかったあああ!!!!」



「いやだからそんなことしませんって!!!」






まぁ、テンション高くて面白い兄さんで、話が盛り上がってたくさんお話させてもらった。


兄さんも全国色んな町で歌ってきたみたいなんだけど、結構あちこちの町で俺の話を聞いてきたみたい。


この町にはたまに九州から上手い兄ちゃんが歌いに来るんだよー、とか、俺前にここで歌ってた日本一周の本を出してる兄ちゃんから本を買ったことあるんだよー、とか、本当全国でそんな話を聞いてきたそう。



あー、今まで16年もたくさんの町で歌ってきたけど、覚えててくれてるかたがたくさんいるのかと思うとすごく嬉しい。


色んな人たちと関わってきたんだなぁ。

色んな人生に顔を突っ込んできたんだなぁ。





「もー!!本当色んな町で金丸さんの話聞いてきて、もし会ったら殴られるかもしれないから、なるべくかぶらないでくれー!!って思ってたのにー!!金丸さん宮崎でお店やろうとしてるでしょ?!そんで最近大阪あたりにいると思ってたから多分和歌山あたりに行くと予想してたのに、まさか新潟で遭遇するなんてー!!でもこれも縁ですよね!?!?」



「縁ですねー。っていうか宮崎では何回も見てましたけどね。」



「金丸さん今回の旅が終わったら宮崎に定住するんですもんね!?だから今回が最後の日本の旅ですよね!!あれだけずっとブログ読んできた金丸さんとこの最後の最後で会うんだもんー!!うわー!!すげー!!」




日本一周に出発して、

世間のこと知らなすぎて戸惑いながらもとにかく旅して、

一周後はさらにストイックに音楽に没頭しながら全国をしらみつぶしに回って、

日本の路上で歌い倒し、

色んなミュージシャンに揉まれて、

やっぱり旅がたまらなく好きで、

30歳になって世界一周に出て、

ブログでちょっと名前を知ってもらえるようになって、

彼女ができて一緒に世界2周目に出発して、

旅中に結婚して無事に2度目の旅もやりきって、


そうして今、宮崎に定住しようとしている。





16年かかった僕の旅。

なかなか波乱万丈だったと思う。


その全てを知ってる人が世の中にいるってことに驚いてしまう。


道のりも、出来事も、その時その時の感情も、みんな知ってる人が世の中にいる。

そしてその人は俺が会ったことのない知らない人。


なんか変な感じ。


俺の旅を、人生を、ずっと見てくれてた人がいたんだなぁ…………













なんかあまりにも面白くて、この日は軽くだけ路上をやって3人で飲みにいきませんか?とお誘いさせてもらった。


するとそのタイミングで、ちょこっとしかやってなかったのに、その演奏を聴いてくれてた地元の大社長さんが気に入ってくれ、高級クラブにお呼ばれして美人さんたちに囲まれてお酒を飲むという路上らしい展開が発生。


カンちゃんも、この路上から飲み屋さんへのお呼ばれなんて初めてのことなのでドキドキ。


路上の醍醐味だなぁ。この地元の方との思いもよらない出会い。


社長さん!ご馳走様でした!!!













そんでクラブを出たらもう飲みに行きましょう!ってなって、昨日も行った居酒屋さんへ。



なんか兄さんと話してると、すごく昔の自分を思い出した。

日本を旅していた若いころの思い出がたくさん蘇ってくる。


落ち葉に埋もれてしまった古い古い記憶を、こうして人の言葉で掘り起こしていくと、本当に新鮮な気持ちだ。


まだ若くてギラギラしてて、自分の欲求に正直で、よく進みたい道が見えてなくて、でも前が見えてなくてもとにかくバカみたいに突っ走ってて。


人を傷つけて、自分の信念が最優先で、ムカつくやつには思いっきり態度に出して。



兄さんの中での金丸文武は、まだそういった20代のころの金丸文武のイメージが大きいんだろうなぁ。





今は多少成長できてると思う。

まだまだ未熟だけど、あれから少しは人に優しくなれてるはず。


それは誇りであって、自信であって、喜ばしいこと。




でも、少し寂しくもある。


あのころのギラギラした自分にはもう戻れない。


優しくなっていくのは、人を傷つけることを恐れているからじゃなくて、自分が傷つくのを恐れているからなんだろうなぁ。




「いやぁ!!金丸君も相当車の故障を経験してるだろうけど僕も負けてないですよ!!!エアコンの冷却水は基本足元にペットボトルですよね!!走ってたらバーーーーン!!!っていってタイミングベルトが切れたこともあります!!あとこの前はブレーキがなんかおかしくて整備工場で見てもらったらブレーキパッドが大変なことになってて、あと1キロ走ってたら死んでたって言われましたよ!!アッハッハッハー!!あ、今朝も警察に職務質問されました。」





爆笑です。



もう兄さんとのお喋りが面白くて面白くて、この次の日も新潟市で路上やったんだけど、2日連続で路上終わりで3人で飲みに行きました。


あー、16年前に10日違いで、しかも同じ路上弾き語りのスタイルで旅に出た人と、こうして最後の日本路上旅の中で出会えるなんて半端ない縁だよなぁ。


兄さんはまた今年の冬には宮崎に歌いに戻ってくるみたいなので、これから兄さんが路上旅を続ける限り、宮崎でお会いすることができそうです。



俺も兄さんも16年選手。

こんだけずっとひたすら全国を路上旅をしてる人って多分いないはず。


俺は一足先にこの戦線から離脱させてもらうけど、兄さんにはいつまでも路上旅の人であって欲しいなって、勝手なことを思ってしまいます。


共に同じ路上で生きてきたものとして、大きなリスペクトを送ります。



兄さん!!また元気でお会い出来る日を楽しみにしています!!!

















さてさて、物件探し奮闘記の続きです。


美々津で前向きに検討していただける古民家が見つかったというところまで進んできました。



正直めちゃくちゃいい古民家です。


外観、雰囲気、味、どれも理想通りの素晴らしい物件。


まだ物件が確定してないのでこのブログには詳しいことは書けないけど、あの古民家でお店がやれるなら、きっと素敵なものが作れると思います。




あそこでやりたい…………




でもまだ不動産屋さんが家主さんと交渉してくださってる段階。

家主さんの気が変わるかもしれないし、予算を大幅に超える売値を提示されるかもしれないです。


まだ本当にわからない段階。



とにかく、お世話になっている神主さんのおばちゃんに報告したところ、そうねー!!あああ!!もう私も興奮してきたわー!!あそこの家主さんは◯◯さんって人じゃけど本当に良い人じゃから今度話しちょくわ!!良かった良かったー!!あそこの古民家なら最高じゃわー!!って言ってくれました。


おばちゃんいつも本当にありがとうございます!!!

おばちゃんに良い報告ができるよう、ちゃんと誠実に対応していかないと!!!










そうして、確定ではないまでも古民家のアテができ、物件探しは大きく前進。


僕らの日本挨拶周りの旅も順調に進み、各地のお世話になってるかたたちに結婚のご挨拶をし、友達のみんなに近況報告をし、毎日充実した日々。


これからの夢を話し、アドバイスをいただき、本当に暖かい応援の言葉をかけてもらえて、気合いがみなぎるばかりです。








そんな中、会う人たち会う人たちに結構な頻度で言われることがありました。



「金丸君たちはクラウドファンディングはやらないの?」



クラウドファンディング。


不特定多数のかたたちに自分たちがこれからやろうとしている夢、プロジェクトを公開し、金銭的な支援を募るというもの。


最近は本当にたくさんの人たちがこのクラウドファンディングを利用して夢を実現させており、もちろん僕らもその存在を知っておりました。


旅業界でも、ランキングにいた撮って笑って旅しての近藤さんが、帰国後に全国で写真展をやるための資金集めにクラウドファンディングをやっていたし、世界一周学校のマサトさんもキャンピングカーを買うためにクラウドファンディングをやっていました。


他にも、アフリカを縦断したいから数百万集めたいです!!って人や、誕生日をキリマンジャロの山頂で迎えたいので資金応援お願いします!!などといったふうに、たくさんのかたがクラウドファンディングにチャレンジしている。




なので当たり前に存在は知ってはいたんだけど…………





それを僕たちが…………?






僕たちは今回の旅で、毎日毎日ひたすら路上で歌いまくってお金を貯めてきました。

もちろん、帰国後にやろうと思っていた2人の夢のために。


そうして海外で貯めたお金、さらに日本に置いてあった2人のお金、それらを全て合わせたものをお店の開店資金にしようと思っていました。



ただ、それでもどうしてもこれでは足りないので、なんとかして残りを銀行融資とか国民政策金融公庫で借りられないかと調べていました。


が、やはりそんなに甘くはなく、長いこと旅をしてきた、現在職のない2人だとそうした融資を受けるのは至難の技。


ローンも組めない。



だとしたら、なんとかして色んなところに頭を下げまくって資金をかき集めるしかないのか…………と考えていました。






そんな中、たくさんの人たちから勧められるクラウドファンディングというもの。


これは発案者が自分がこれからやりたいプロジェクトをネット上に公開、それに対する想いや経緯を説明し、プロジェクトのために必要な目標金額を設定し、多くの人にプレゼンを行う。


その夢やプロジェクトに共感してくれた人がお金を支援する、という仕組みです。




ただ、なんのお返しもせずにお金をいただくのではありません。


一般的に行われているのがリターン型クラウドファンディングで、これは例えば、



3000円支援してくれた人にはこのギフト、

5000円支援してくれた人にはもっと良いこのギフト、

1万円支援してくれた人にはもっともっと良いこのギフト、



といった感じで金額に応じてお返しを設定し、それに魅力を感じでくださったかたが支援してくださる、というシステムになります。



プロジェクト内容やリターン内容によっては目標金額に到達しない人もいるし、逆に目標金額を大幅に超える人もいます。






そんなクラウドファンディングを僕たちがやる?




正直、最初は全然イメージがつかないでいました。


僕たちにそんなことができるのか?

僕たちが個人的にやりたい夢を、そんなに応援してくれる人がいるのか?




悩んで悩んで、毎日カンちゃんとたくさん話し、そして信頼できる人生の先輩や友達たちにたくさん相談させてもらいました。


正直、自力で稼いでやるべきだろ、っていう否定的なご意見をいただくんじゃないか、って思っていました。





が、結果、誰1人クラウドファンディングに反対する人はいませんでした。


みんな、暖かいアドバイスをくださり、メリットを示してくれ、背中を押してくれました。



そうした意見を受けながら、カンちゃんとじっくり話し合い、クラウドファンディングというものを調べ、支援してくださったかたたちに僕らがどんなお礼のリターンができるのかを考えました。


実際にクラウドファンディング成功者の人からも、そのプロジェクトなら絶対やるべきですよ!!って言ってもらえ、さらに成功者の貴重な経験談も聞かせてもらえて、どんどん僕らの中でクラウドファンディングというものが現実味を帯びていきました。




多くの人に、僕らの夢に関わってもらいたい。

みんなに楽しんでもらいながら夢を形にしていきたい。



そんな風に思えるようになっていきました。








そして大阪を出発し、東京でまたたくさんの先輩や大事な人たち、旅仲間、ブログの読者さんたちにお会いしていく中で、もうほとんど想いは固まっていました。


クラウドファンディングにチャレンジしよう。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちなみに、リアルタイムの今日、また不動産屋さんから進展状況のお話をいただきました!!!


正直、またかなりデカめのガッツポーズ出ました!!!!


でも物件はまだ確定じゃない!!!!!


怖えええええええええええ!!!!!

なんかの理由でいきなり話がポシャらないことを祈るのみ!!!!!!



不動産屋さん、家主さん、市役所、美々津の人たち、色んな人と関わりながら前に進んでいます!!!


感謝しかないです!!!!


みなさん本当にありがとうございます!!!







スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓