スポンサーリンク





暗雲に光が差し込む

こんにちは!神田です。



日本を旅しながら、本当にフミくんの顔の広さというか人の繋がりを感じずにはいられない日々を過ごしています。


夜の街にくりだせばどこどこのスナックのママさん、日本一周していた時からお世話になっている各地方の方々、ライブで歌わせてもらうと音楽仲間の人たちから 「おおーーーー!!!生きて帰ってきたかーーー!!!!」温かく迎えてくれて、フミくん幸せ者だなーとひしひし感じます。

そして、ちゃんと帰国する度に、メールや電話ではなく実際に顔を見せに行くフミくんはすごいと思います。簡単なことじゃないと思います。


前も書いたことありますが、オーストリアでお世話になった池田さんが 「わざわざっていうのがいいんや。わざわざ会いに行く。てやつがな。」て言っていたのを思い出します。

筆不精の私ですが、今回の2年間の旅でお世話になった人たちへの無事帰国したという報告とお礼の言葉を、少しずつですがメールではなく、汚い私の字で書いている途中です。



おわり






こんにちは、金丸文武です。

携帯メールでご連絡頂く方で、パソコンからのメールを拒否設定されている方がたまにいらっしゃって、返信が出来ず困っております。

携帯からメールを送って頂く場合、設定のご確認をぜひよろしくお願いします!!!


最近docomoからメールしてくださった方、返信してもエラーで戻ってきてしまいますーーー!!!
再度ご連絡頂けると嬉しいです!





いやっふうううううううううううううううううううううううう!!!! 


秘湯、木賊温泉あへえええええええええええええええええええあええええええええええええええ!!!!!!

気持ちいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!





















死ぬほど風邪ひきました。






湯冷め怖えええええええええ………………


こ、こんなに思いっきり風邪引くのアフリカ以来じゃないかな…………


ヨーロッパもインドも東南アジアも風邪ひいてなかったよなぁ…………

バリでお腹崩しただけだったもんな…………


最近体強くなったと思ってたのになぁ…………










というわけで今この日記を書いてるのは福島の会津です。





会津はいいですねぇえええ…………


会津大好きです。






























茅葺き屋根、

雄大な山々、

宿場町の名残り、

100万石の由緒ある城下町、

酒屋の煙突、

あちこちにちらばる名湯秘湯の数々。




本当に会津という土地は僕の好みのど真ん中です。

日本の中でも住んでみたい土地ランキングトップ3に入ると思います。


























最初の日本一周の時にこの会津にたどり着いて、あまりにも魅力的で結構時間をかけて奥会津のほうまでガッツリ回ったもんです。


檜枝岐村からなんの装備も持たずに尾瀬に突っ込んで、雪山の中で凍え死にかけながら野宿して、ズタボロになって戻ってきたのもいい思い出です。



人生で初めてオカマバーなるものに行ったのもこの会津若松ですね。

あの頃は作り物のオッパイを出して踊ってる人を見てビビってたもんです。


それが今やタイのゴーゴーで死ぬほどビビりながらビール1杯で退散ですよ。あんま変わってねぇ。






そんな大好きな会津をカンちゃんに見せてあげたくて、昨日、今日と色んなところを回りました。


といってもメジャーどころだけですが。





























飯盛山、鶴ヶ城、塔のへつり、湯野上温泉、大内宿、


本当はもっと檜枝岐とか昭和村とか会津柳津とか、良いところいっぱい連れて行ってあげたいんですけど、この辺りだけでも充分会津の魅力は伝わったと思います。


ていうか、こんな雰囲気ある屋台でもケバブ。

ケバブ流行ってるううううう。







大内宿もやっぱり素敵だなぁ。


これから古民家でお店をやる上で、こうした宿場町巡りはいい勉強になります。


























まぁ死ぬほど風邪ですけど…………




「フミ君大丈夫?寝てなくていい?」



「だ、大丈夫うううう…………ぶるぶるぶる…………次は猫の駅長のとこだぞおおおおお……………お、オエッ…………」




いやぁ、体調壊したのが喜多方のライブが終わった後でよかった…………


次のライブは5月20日の大阪松原K’s2。

それまでにバッチリコンディション戻しておかないと。



あ、もしライブに行ってみたいなというかたがいましたらフェイスブックかGmailでご連絡もらえたら嬉しいです!
















さて、物件探し奮闘記の続きです。



日本に帰ってきてからすぐさま取りかかった物件探し。

当初は理想通りの古民家が簡単に見つかるだろうと思っていたのに、最近の美々津の古民家ブームやサーファー移住ブームによってめぼしい空き家がガンガン売れてしまっている状況を目の当たりにしました。


状況は思った以上に深刻で、本当に良い物件が見つからない。


地元パワーを駆使して、不動産屋さんには出ない情報を強力なローカルネットワークを駆使してかき集める毎日。



あそこは空いてるよ、あそこは水を引いてないよ、あそこの民家は白アリが入っちょるよ、


ローカルネットワークってのはすごいもので、本当に様々な情報が飛び込んでくる。


そしてこうやって誰もがとても親身になって協力してくれるのは、やはり町並み保存会の初代会長をやっていたお爺ちゃんのおかげだと痛感しました。







が、たくさんの人に当たってはみるものの、やはり手ごたえのあるところまではたどり着けない。




1軒だけ、市の人に教えてもらった民家があったのですが、裏通りの奥まったところにあって、建物自体も思い描く理想には遠い。



でもこれだけ当たって見つからないならば、もうこの裏通りの物件で手を打つしかないのか。


悩む…………



悩む悩む悩む…………





悩む悩む悩む悩む悩む悩む………………




一応、内覧もさせていただいたんだけど、やはり決めきるところまでは至らない。












そうこうしているうちに、とうとう宮崎を出発する日が来てしまった。


大阪のカンちゃんの実家に帰り、東京に行き、東北を回って日本海側をぐるっと走って関西に戻り、四国に行って宮崎に戻る。これを2ヶ月でやりきるという強行スケジュールをすでに組んでいる。


日本各地にいるお世話になっている方に挨拶に行き、結婚のご報告をさせてもらい、友達とたくさん飲み会を企画している。


そしてもし時間に余裕があれば、東北のどこかで温泉に浸かって地酒を飲むということをやりたい。


カンちゃんと話しているんだけど、これは俺たちにとってのハネムーン。


東北の温泉。

それは俺たちにとってギリシャの地中海に浮かぶ島よりも今では魅力的な存在です。



そんな感じですでにギッチギチに予定を詰め込んでいるので、これ以上宮崎出発を遅らせるわけにはいきませんでした。










とにかく、俺たちが日本挨拶回りを終えて、宮崎に戻ってくるのは6月の後半。


それまでは電話のやりとりになってしまうけど、なんとかこの2ヶ月半の間に物件を見つけたい。


神主のおばちゃんはなんかあったらすぐに報せるかいね!!と言ってくれてるし、市役所の教育委員会のかたにも、不動産屋さんにも、もし情報があったら是非とも教えてください!!とお願いしている。


この10日間、色んなところを駆けずり回って、結構タネはまいたつもり。


きっとどこからか、何かの動きがあるはず。



今は力技でどうにかなる状況ではない。

この2ヶ月半の間での動きを待つしかない。



しかしそんなに都合よく良い古民家が空くはずもないのもわかる。


待つといっても何年先になるかわからないし、天から何かが降ってくるのを待つような、途方もなく頼りない待ちになるだろうなと思った。



















朝、いとこの大輔にもらったヴィッツに、2ヶ月分の荷物を積み込んで行く。


名義変更も無事終わったし、保険も入ったし、ヴィッツも上手いことやったらちゃんと後ろで足を伸ばして眠れそうなのも分かった。


格安ケータイのワイモバイルで日本用の携帯もゲットした。


いつものワクワクする車中泊旅スタートの朝。



でもめっちゃ心は落ち着かない。


ちゃんと物件見つかるかなぁ…………

2ヶ月半後に宮崎に戻って来たときに、今となんにも状況が変わっていなかったら、美々津でお店をやるという計画もかなり危うくなる。


もしかしたらカンちゃんの故郷である大阪でやることになるかも…………






いやいや、俺はどうしても美々津でやりたい。


この町で、故郷の田舎町でのんびりと、そして地元の人たちと絆を持ちながら、この美々津を元気にして、人が来る面白い場所にしたい。



そのためにも…………今できるのは祈ることのみ…………




ぐああああああああああああああああああああ!!!!!

もう下ネタとか刃牙ネタとかブログに書かないから物件見つかってええええええええええええええええええええええええ!!!!!!




あ、刃牙ネタはいいか…………












そうして僕らは車のエンジンをかけ、宮崎県を出発しました。



が、暗雲しか見えていなかったところに、光はすぐに差し込みました。



宮崎を抜け、大分を抜け、福岡あたりにさしかかったころでした。



1本の電話がかかってきました。




出てみると、それは不動産屋さんからでした。





「金丸さん、ちょっと確認をしたかったのですが、古民家購入にあたってのご予算はおいくらほどになっていますでしょうか?」





ビビビッと頭が冴えわたった。




「もしかして…………何か…………動きがあったということでしょうか?」




「はい。ありました。」




宮崎の県北なまりの声が、天使の声みたいに聞こえました。



続きはまた次回!!!





あああああああ!!!!!めちゃくちゃ嬉しいことがあったんです!!!


あの旅する漫画家のシミくんが僕のことを漫画で描いてくれました!!!!
自分を漫画で見るなんてめちゃめちゃ不思議な気分!!!


シミくん絵うまいわーーーーー!!!! ストーリー作りもさすが!!!!!


みなさんどうぞ見てください!

シミくん本当にありがとう!!!!!!!


シミくんの漫画はこちらから! 





スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓