スポンサーリンク





オーストリアで憧れのスローライフ



こんにちは!神田です。




旅中に、日本恋しくならない?てよく聞かれます。


私たち二人ともいつも「いや、そんなに恋しくないんですよー」て答えちゃうんですよね。




日本食は食べたくなります。

友達には会いたくなります。

フミくんも私も家族大好きです。




でも、日本が恋しいかって聞かれると。いや、別に。てなっちゃうんですよね。


二人とも日本も大好きなんですよ。

なんでかな。




遠いようで、世界中どこからでも大体1日もあれば帰れることがわかってるからかな。




おわり










2017年9月17日(日曜日)

【オーストリア】 シュピールベルク ~ シュタイアー





夢のような1日が終わり、目がさめると田舎のパーキングエリアだった。





車から出るとかなり強く雨が降りしきっており、周りには何にもない。


パーキングの端っこにはちょっと大きめの祠があり、中にキリスト教の絵が描かれていた。


田舎の寂しい道の脇に取り残された壁画が、寒々しかった。









はぁ………俺たちストーンズに会ったんだなぁ。


人生2回目のストーンズ。

1回目が21歳の大阪で、2回目が35歳のオーストリア。


メンバー全員70代で、もうさすがに日本公演はないかもしれない。


そんなストーンズのヨーロッパツアーが、まさか俺たちがオーストリアにいる時期と丸かぶりだった奇跡。


外せない予定が入っていたわけでもなく、ライブ会場が行ける距離だった奇跡。


そしてチケットが手に入った奇跡。




この世界旅の途中で、俺の最大の音楽のヒーローのライブを観られたなんて、幸せ以外のなにものでもない。

しかもカンちゃんと。



はぁ、確実にオーストリアのハイライトだったなぁ……………


オーストリア戻ってきてよかった…………






もうオーストリアに思い残すことはないくらい結構燃え尽きてしまっているけど、オーストリア生活はまだもうちょっと続く。


インドへのフライトまでキッチリ稼いで、そしてこの大好きな国をもっと深く旅しよう。



車に戻って服を着替えたらエンジンをかけた。























雲に覆われた山並みの中を走り抜けていく。


昨日のあのライブも別次元の世界だったけど、このオーストリアの大自然の景色もまた別次元に美しい。


何ヶ月も過ごしてるけど、オーストリアはいつまででも新鮮な感動をくれる。






旅が日常の人生を歩んできたけど、やっぱり俺の中の本当の原風景は宮崎の日向なんだろうな。


あそこに帰れば、今こうして目の前にある別次元の世界はすぐに遠い過去のことになってしまう。



怖いことだけど、そういう時にカンちゃんがいてくれて良かったと思う。


俺1人だと、これまでの旅が本当に自分がやってきたことなのか不安になってしまう時がある。

記憶が薄れ、あやふやになってしまう。



でもカンちゃんがいれば、2人の思い出としていつまでも共有できる。


もうもしかしたら、1人旅はできないかもしれんなぁ。














途中、マックでちょっと作業して、それからシュタイアーの町までやってきた。


走りなれた道を進んでいき、到着したのはシュタイアー郊外の静かな山あいの集落。


一軒の大きなお家の前に車を止めた。



あー、またここに戻って来るのをこの4ヶ月すっごい楽しみにしてた。



池田さん!!ただいま帰りました!!







「おー、よう帰ってきたなー。もう4ヶ月か。イタリアはどうやった?あれや、フランスではなんや変なところ行っとったなぁ、ルルドはそんなええところやったか?」






いつものあったかい大阪弁で話してくれる池田さん。

ああ、めっちゃ落ち着くなぁ。


最初は緊張していたけど、今では本当に池田さんとラウラさんの空気に心休まる。



そしてまるでお爺ちゃんの家に里帰りしてきたかのようにワクワクする。


池田さんもうラウラさんもお爺ちゃんお婆ちゃんって年じゃないけど。


池田さんすみません!!!!周りのロケーションがってことです!!






つい先日までギリシャにある観光客がほとんどいないような離れ小島でバケーションを楽しんでいた池田さんとラウラさん。


毎日海水浴して、美味しいもの食べて、ひたすらのんびりくつろいでいたみたいで、確かに池田さんの肌も小麦色に焼けている。



俺たちが行ったギリシャの島は世界的に有名なミコノスだけど、池田さんたちが行っていたのは聞いたこともないめっちゃマイナーな島。


何もない、観光地開発もほとんどされていないようなところが気に入って、池田さんたちはこの島にもう20年近く毎年のんびりしに行ってるんだそうだ。


島の人たちともみんな友達で、そういう自分たちの隠れ家みたいなところを持ってるところに憧れるなぁ。


いやぁ、素敵だ。











スイスで買ってきたお土産の十得ナイフをプレゼントさせてもらい、緑茶を飲みながらゆっくりとお話していると、家に電話がかかってきて、ラウラさんがちょっと近所に出かけるけど一緒に行く?と言ってくれた。


なにやら近所のおばちゃんがキノコ採れたからちょっとおすそ分けするわーと言ってるらしく、それをいただきに行くみたい。


というわけでラウラさんとカンちゃん、俺の3人で散歩がてら出発した。













この辺りは山に囲まれて斜面が多く、その斜面のところどころにポツポツと大きな民家が散らばっている。


お隣さんが遠くて、とても見晴らしがいい。


どこからかゴロンゴロンとカウベルの音が聞こえ、静かで、とても平和な田舎の空気。


そんな中を編みカゴをさげて歩いているなんて、どっかのスローライフ雑誌の1ページみたいだ。









すると、ラウラさんが道の脇にある梨の木から実をちぎって渡してくれた。


この辺りの木はほとんど食べてるけど、この木が1番美味しいのよーと言ってる。


こんな道端の木の枝にくっついてる実が食べられるなんて、いつもスーパーで買い物してる身からすると不思議な感覚になるけど、かじってみると確かに甘い梨だった。


自然恵みを身近に感じながら生きるっていいなぁ。










「ああああ、こんな静かな田舎でカゴ持って歩くなんて最高の生活だなぁ。理想的だなぁ。」



田舎でのんびり暮らしたい願望が強いカンちゃんからしたら、このシチュエーションは完璧みたい。



こりゃ本当に絵本の中みたいだもんなぁ。



















坂道を登っていき、あぜ道を進んでいくと、これまた絵本の中みたいな大きな農家さんの家が現れ、中からおばちゃんが出てきた。


古びた家は年季が入ってて、庭のところどころにはもう使われていない農機具が置かれている。


郷土資料館とかに展示してそうな、木の農機具たち。

オーストリアでも、少し前まではこうした旧式の道具で人々は農作業をしていたんだろうな。


猫がニャーンと言いながら出てきて、そこらへんで寝転んでる。











面白い形のキノコたちをたくさんおすそ分けしてもらい、俺とカンちゃんが喜んでいると、おばちゃんがニワトリ見るかいー?と裏庭のニワトリ小屋に連れて行ってくれた。


そこにはたくさんのニワトリがいてコケーコケー鳴いてた。










するとおもむろに手を広げてニワトリに近づいていくおばちゃん。


いやいや、捕まえようとしてるけどそれは無理でしょ。ニワトリとかめっちゃすぐ逃げるやん。


と思っていたら、いとも簡単にニワトリを捕まえて抱きかかえたおばちゃん。


ニワトリ無抵抗。


よほど可愛がってるんだろうなぁ。


この子は悪い子でね、他のニワトリの羽をむしっちゃうの、それでこの子はすぐ外に出たがるのよー、とニコニコしながら教えてくれた。










ニワトリって2日に1個のペースで卵を産むらしい。

先に木でできたニセモノの卵を小屋の中に置いておくと、ニワトリはそこに卵を産むんだそう。


囮の卵ってわけだ。







おばちゃん同士のお話が弾んで、ラウラさんたちがしばらく立ち話をしてる間、俺たちも猫と遊んだりして、それから家に帰った。


いいなぁ、景色が綺麗だなぁ。

こんな生活、本当に憧れるなぁ。



















家に帰ったら池田さんの奇跡の料理が完成していた。





なんなのこの手巻き…………


枯山水庭園を模しております、とかいうレベルのやつやん………















「ぐふぅぅう!!う、美味すぎる………!!死ぬ!!!」



「ああああ!!!ミョウガ美味しいー!!シソ美味しいよおおおお!!」




南ヨーロッパには美味しいものたくさんあったけど、確実に池田さんのご飯が1番美味しい……………


料亭できますよ池田さん……………

めっちゃ流行りますよ……………







からの鍋。

















殺人級の美味さ。


もう手巻きの時点でお腹満腹寸前まで来てたけど、鍋が美味すぎて美味すぎて食べ過ぎて、久しぶりにこんなお腹はち切れるかと思った。


本気で殺人級に美味しい。


昨日は音楽の神に会って、今日は和食の神。


オーストリアで神に会いすぎ。















「ナオちゃんはお腹の調子はどうや?あれから痛くなったりしてへんか?」





そういえば相談した俺たちがすっかり忘れていたけど、4ヶ月前に池田さんの家に来た時はアフリカ帰りで、カンちゃんのお腹の調子が悪くてなんか変な寄生虫がついたんじゃないかって不安になっていた。


それを池田さんとラウラさんに話したところ、色んなところに電話をかけてくれ、すごく心配してくれた。



とりあえずあの時は救急な感じではなかったので様子を見ようということになって南ヨーロッパ旅をスタートしたんだけど、すぐにカンちゃんのお腹も落ち着き、忘れてしまっていた。


それを覚えてくれていた池田さんとラウラさん。


本当優しいよなぁ………………









「そういえば、お腹は治ったんですけど、それよりこの前銀歯が取れちゃったんです。」



「おお、そうかー、オーストリアの歯医者は高いよなぁ。痛むんか?」




ちょっと前に食事中にカンちゃんの奥歯の銀歯が外れてしまっていたんだけど、ヨーロッパでは治療費も相当高いだろうからとりあえずこれも様子を見ていたんだけど、まぁもちろん良くないのはわかってる。


痛みがあるようならすぐに治療しないといけないところだけど、痛みがないのならば、出来れば日本に帰ってからちゃんと歯医者さんで治したいところ。



ちなみにオーストリアで歯医者っていくらくらいするんですか?って聞いたら、なんと500ユーロくらいかかるそう。67000円。



カンちゃんすまん!!耐えてくれ!!!


カンちゃんもそんな高いの無理無理ー!!って言ってる。




とりあえず次のインドあたりで詰め物だけでもしてもらうかな……………

インドだからって変なもん詰められたりしないだろう。

そういうところはちゃんとしてるはずだし。多分。



ちなみにこれほど激高なので、オーストリアの人たちは歯が痛くなったらハンガリーに治療に行くんだそうだ。


すぐそこの国境を越えたらめっちゃ安くなるみたい。












それからもビールを飲みながら色んなお話を聞かせてもらった。


最近やたらと道端に、エスイストツェイト、って書いた看板が立ってるけど、あれなんですか?って聞いたら、どうやら選挙のポスターらしく、タイムトゥチェンジって意味なんだそう。


もうすぐオーストリアの国会議員選が行われるよう。





意外だったんだけど、オーストリアはもともと社会党が強い国だったんだそう。


そっかー、お隣はハンガリーだし、ヨーロッパでもどっちかっていったら東寄りだもんな。


なので社会福祉が充実していたらしく、年金制度とかも半端じゃない大盤振る舞いだったみたい。



当時の年金は、最後の給料の80パーセントが支給額だったというからすごすぎる。


財政が潤っていた頃は、人生で1番高かった給料の80パーセント、なんていう時代もあったんだそうだ。


国鉄とかの国営の職員は50歳くらいで年金もらってたという話もある。




それがどんどん財政も弱ってきて、現在では資本主義の国民党と同じくらいの勢力になり、さらにそこに割り込んで台頭してきたのがブルート党という政党。


バンバン広告を打ちまくっており、かなり勢いがあるところみたい。


ただこのブルート党は民族主義が強く、外国人に対して厳しい政策を打ち出しており、ミニトランプなんて呼ばれてるんだそうだ。






オーストリアも移民が多い。



この前のこと。

路上で歌ってる時に、狭い道に入ってきた配送車の運転手が、路駐しているトラックに対してめっちゃ文句を言っていた。

周りの人たちが驚いて立ち止まるくらい怒っていた。


路駐していた車は許可をとっている工事業者のトラック。

めっちゃ端に寄せていたので、配送の車はギリギリ通ることができた。


なのに、通れねぇだろがー!!ってわめいている。


トラックのおじちゃんは、はいはい、って感じで前に出て、配送車の両脇を見て、誘導して通してあげた。


配送車が通り過ぎると、それを見ていた周りの人たちが、あれはトルキッシュだからな、これだからトルキッシュは嫌だわ、って顔をしかめていた。







オーストリアでは中東からの移民に対してのイメージは良くない。


それに全員ではないだろうけど、逆差別で美味しい蜜を舐めてる外国人もいる。


なのでそういう政党に支持が集まるのもわかるし、トランプのこともあってこれが時流なのかもしれんな。





トルコ人最高なんだけどな。

俺もカンちゃんもトルコ人愛してるんだけど、オーストリアではトルコ人最高ってのは結構言いにくいワード。


みんなめっちゃビックリするもん。

トルコ人が素晴らしいですって?って。


まぁ言うけど。


人が優しい国ってどこ?って聞かれたら必ずトップはトルコだ。













本当はもっと飲みたいところなんだけど、ご飯を死ぬほど食べてしまったのでお腹が膨れて全然飲めなかった。


あー、最高だ………………

池田さんの家、オアシスにもほどがある……………




そんな大満足の1日の締め、今日あとやることといったら、アレですね。






旅するにこいちに今日のご飯の写メを送りまくりましょう。


悶絶するだろうな!!





「おー、ノリ君もユキちゃんもクロアチアで元気にやってるみたいやなぁ。またご飯食べに来ればええんや。遠慮なんかせんとお昼ゴハンだけでも食べに寄ればええって言っときやー。」



だそうだよノリ君ユキちゃん!!!


ホットドッグからの池田さんご飯、マジで死ぬだろうから気をつけてね!!!






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


富山のホテルをアゴダでとってくださったかたがいました!!


まさかユキちゃんの実家がある宇奈月温泉のホテルか……………

だとしたらすごいですね。


どうもありがとうございます!!




スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
世界一周カテゴリーと、海外旅行カテゴリーに登録しています。
よかったらお好きな方をクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓