スポンサーリンク





飯島さんにバレた

こんにちは!神田です。


最近は、店に必要なものを少しづつ購入していってます。

業務用の製氷機とか、シンクとか、トイレの洗面台とかとか。


一からすべてを揃えるって楽しい!!!!!!


このお店と家が出来上がった時の愛着ったらないと思います!!!


おわり






どうもです!!金丸文武です!!



工事って難しいですね!!!

なにが難しいって、業者さんとの意思疎通が!!!!




ぐああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

叫びたいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!



海に向かってゲロ吐くほど叫びたいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!











いやぁ、大工さんにも作業工程とかあるのは百も承知なんですよ。僕も工事現場で働いてたことあるのでわかります。


でも僕らも施主としてしっかりお願いしないといけないこともあります。






補助金の申請とか市役所との絡みがあって、工事の内容をキチンと分けてもらいたいんですよね。


こっち部分とこっち部分では補助金の内容が違うので工事を混同しないようにしてくださいってお願いしてるんです。


例えば白アリ補修工事とその後の内装工事では補助金の出る部署が違うんです。




白アリ補修工事は教育委員会。

内装工事は空き家バンク。




補助金って工事に取りかかる前に申請して、数日経って受理されてからようやく工事に取りかかれるんです。

そうしないと補助金出ないんです。



なので、ここの部分はこれから補助金申請するのでまだ取りかからないでくださいねって感じでお願いします。


でも1日現場を離れていたらすでに取り掛かってるんですよね。

もうそこの工事は補助金対象にはならないです。工事に取りかかってしまっているから。







大工さんにとったら面倒くさい注文だと思います。

同時進行でやっていかないとわけわかんなくなるっていうのも理解できます。



でも僕も色々同時進行です。

現場にいて大工さんにイメージを伝えつつ、クラウドファンディングのリターンのためのメッセージを書いたり、ハガキを書いたり、ライブ音源の編集作業したり。



ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

airmoreアプリで音源入れてMP3からWAVに形式変換してサウンドエンジンでノーマライズしてコンプレッサーかけてノイズ処理して現場見に行ったら大工さんに言ってたこと伝わってなくてキエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!








ふー………………



頭おかしくなりそうー………………








業者さんとはいい関係で工事を進めていきたいもんです。

やっぱり施主との関係の良し悪しによって工事の質も変わると思うんですよね。



愛情のある工事は必ずいいクオリティになるもんだと信じます。




はぁああああ……………


頑張るぞおおおおお……………………





とにかく工事はガンガン進んでます。












白アリにやられていた部分の梁が新しい丈夫な梁に取り替えられていく様子はさすが大工さんです。


こんな立派な大黒柱も入りました。






さらに設備屋さんも現場入りしてガンガン水回り工事を進めてくれています。









既存のコンクリ土間をカッターで切り、配管の道を作ってくれています。


そして埋めるのがこいつです。





グリーストラップです。


飲食店ならどこでもついてるこいつは、排水の中の油分を分離させる装置です。


排水の油をキチンと取り除くために大事なことですね。

















これもまためっちゃメーカーさんとかに直接電話しまくってどれがいい商品なのか調べまくり、自分たちの規模のお店にはどのくらいの大きさのグリーストラップを設置するべきなのか計算式でサイズを弾き出しました。

このグリーストラップだと50リットルサイズなので、和食で1日90食以上分の排水を処理することができます。


グリーストラップはキチンと定期的に清掃しないと臭いのもとになるというのが飲食店の悩みのタネなのですが、これは億劫にならずにちゃんと清掃していきたいです。








古い給湯器もとれ、





ぼっとんトイレもとれ、










白アリの穿孔処理も同時進行。









自分の家の中が急ピッチに整っていく様子はとても気持ちがいいもんです。












でもこんなバッタバタした状況だとそりゃあ職人さんたちに面倒くさい注文しにくいんですよね…………



あ、そこはもっとこうで…………

あ、そこはもうちょっとこっちで…………

あ、そこは補助金申請したいんでまだ手をつけないで…………



ってなかなか言いにくいです。

職人さんもそんなのいちいち構ってられないかもしれません。




でも言わないとマジで後悔しか残りませんからね。


一生物の大事な家とお店。

マゴマゴしてちゃこれまでご支援してくださったかたたちにも申し訳ない。


多少面倒くさがられたとしても、施主としてイメージはキチンと伝え続けて、理想にできるだけ近づけたいと思います。














そんな悪戦苦闘する状況の中!!!!









クラウドファンディング、最初のリターン者ができました!!!!







その名も飯島さん!!!!!






千葉から登場!!!!!






リターン内容は1泊2日DIY券!!!!!





1万円払ってお手伝いに来てくれるというブン殴られてもおかしくない内容のリターンにご支援してくださった神中の神!!!!!!




ぐああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!


飯島さああああああああああああああああああああああんんんんんんん!!!!!!


30年選手のムスリム並みのおデコになるくらい土下座させてくださいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!




「いやぁ、もう何年もタダでブログを楽しませてもらったからね。何かさせてもらえて嬉しいよ!!」




飯島さああああああああああああああああああああああんんんん!!!!

標準語すげえええええええええええええええええええええええ!!!!!!










そんな飯島さんが宮崎に来てくださる日程に合わせ、どんなお手伝いをしていただくかを色々考えてました。


ただ今は大工さんが思いっきり補修工事中です。

古民家の中は他の作業ができるような状況ではない。



聞くと、飯島さんの本職はサッシ職人。


窓枠とか様々な商品を取り扱う会社で工事施工&営業をされていて、しかもご自分でも倉庫とか作ってしまうようなただのゼウス。


そんなスゴ腕の職人さんがわざわざ千葉という地平線の果てから飛行機に乗って手伝いに来てくださるという、もうとりあえずピンサロでいいですか?



「金丸君、このインパクトドライバーとサンダー。もう使わないものだから寄付するね。工事に必要でしょ?」



着替えなどを入れているキャリーバッグの中からまだ全然美品状態のインパクトとサンダーを取り出してくださる飯島さん。







ピンサロ決定!!!!!!!








きえええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!


夕暮れ族行って全身ヨダレまみれになって宮崎のステキな思い出をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!




「飯島さん!!!お手伝いとかマジでビビるくらい置いといてとりあえずピンサロ行きましょう!!!ピンサロからの爛漫からの鵜戸神宮で運玉投げましょう!!!」



「ははは、気にしないでよ。僕はこの状況が嬉しいんだから。それに僕、妻のことが大好きだからね。」





な、なんて聖人みたいなこと言うんだ…………


千葉県民はみんなこうなのか…………


やっぱり落花生を食べまくってるからこんな愛妻家になるのか…………














飯島さんの優しさオーラに度肝を抜かれながらまずは家に行って荷物を置き、それから古民家へ。


今回飯島さんにお手伝いをお願いしようと思っていたのは障子部分のアクリワーロン貼り。



美々津もそうだけど、町並み保存地区に行くと、よく古民家の障子に紙ではないボードのようなものが貼っています。


和紙風の模様なんだけど、紙ではない。


これをワーロンっていいます。




後ろの白いやつです。




ホームセンターとか行ったら紙より破れにくいプラスチック障子紙が売ってます。


でもそれよりさらに頑丈なのがこのアクリル製のワーロン。


これだと雨風も強くて割れにくいので、外部に面してる窓枠とかに取り付けられます。


古民家の風合いを損なわずに頑丈で実用的、というものです。





ただこのアクリワーロン、めっちゃ高いです。


畳1畳分で16000円とかします。



ツギハギできないので、中途半端な大きさの枠に取り付けるとめっちゃ何枚も必要になり、莫大な金額になります。


僕らも8枚分取り付ける予定なのでそれだけでブフゥ!!ウケる!!って爆笑レベルの費用です。





ただ助かったのは地元の建具屋さんの社長さんにお話したところ、1枚1万円で仕入れてもらえるとのこと。

これめっちゃ有難いです。



さらにこの建具屋さんの息子が僕と同級生という事実が発覚。



おお!!息子の同級生か!!それやったら材料費だけでいいわ!!がっはっは!!と言ってくれた社長。




ただの神!!!!!!


持つべきものは同級生!!!!!





そんな流れで、飯島さんが来る日に合わせてアクリワーロンを仕入れ、寸法に合わせてカットしといてもらうことに。


これで当日はサッシ職人である飯島さんとアクリワーロンを貼るぞー!!と計画を立てていました。






そしたら次の日。



もうついでやから窓枠の水洗いやっちょいちゃるわー!!と社長から電話。



その次の日、もうついでやからアクリワーロン貼っちょってやったからー!!と電話。








アクリワーロンの仕事、終了。







ぐおおおおおおおおおおおおおたお!!!!

一木社長おおおおおおおおおおお!!!!!


マジでありがとうございますうううううううう!!


飯島さんの仕事なくなったああああああああああああああ!!!!!






一木社長のスーパー優しさが爆発したことで急遽、飯島さんの仕事がなくなってしまい、慌ててカンちゃんと何をしていただくか考えまくりました。




そして結果お願いすることにしたのは………………









テーブル作り!!!!!





今後お店で使っていくテーブルを一緒に作ってください!!とお願いしました。


いきなりの変更で申し訳なかったんだけど、どちらかといえばそちらのほうが性に合ってますと言ってくださった飯島さん。


よかったああああ…………


せっかく来てくださるのに、全然やること用意できてないとかマジシャレにならんことになるとこやった…………











というわけでお昼に軽く1杯やってからゆうきの家の倉庫で作業開始です。





















材料はこんなこともあろうかと僕とカンちゃんで解体作業をしていた時の廃材を使うことに。





廃材っていっても結構使えるものたくさんあるんですよね。


もちろん白アリにやられている木材とか、割れたり腐ったりしてる木材は使いません。


でも釘穴とかくらいだったら逆に味になると思います。




前の家主さんの荷物を撤去するときに、納戸にあった昔の巨大な衣装箱を解体したものがあったんですけど、これなんか最高です。


昔の衣装箱なのでとても頑丈で良い木を使っているし、扉部分の蝶つがいとかもすごく味があります。

もちろんそのまま活用です。









僕らで寸法を出して木を切り、カンちゃんがサンダーで荒い面取りをし、組み立てていく。


飯島さんはもうただのスゴ腕なのでスパスパですよ。


スッパンスッパンです。





軽くイメージを伝えただけでドンドン進めてくださり、ソッコーでテーブルが形になりました。










「やべええええええええええ!!!!めっちゃカッコいいです飯島さん!!!最高すぎる!!!」



「いやー、この板いいですね。味ありますよね。」




もうめっちゃカッコいい!!!!


こんなの買ったらヨユーで数万円する!!!


古民家居酒屋のイメージにピッタリだし、手作り感があるのもすごくいい!!!



カンちゃんも昔から自分の家のテーブルに古い足場板のテーブルを使ってたんですよね。


足場板をリサイクルして加工したものです。


最近、足場板の家具って結構人気で、簡単なテーブルでも味があって、値段もそこそこします。




そんな古材家具がありがたがられるこの時代にピッタリのテーブル!!!!


ここからサンダーで角やささくれの処理をして最後に塗料を塗ったらマジで売れるレベル!!!






いやぁ、飯島さんすげぇええええ。


必要なテーブルは全部で5個なのですが、さすがにこの日だけで全部作るのは無理。


ですが飯島さんにアドバイスをいただきながら一緒にテーブルを作ったので、あとはこの要領で自分たちで作ることができるはず。


材料はふんだんにあるし、しっかりした強度のテーブルを作るぞ!!!















そんで作業が終わったら家に帰り、ゆうきも交えてみんなでお疲れ様宴会。


カンちゃん手作りのご飯を色々ご用意させてもらってお酒を飲みながら色んな話をしました。



が、ここで飯島さんにヤバいことを言われてしまいました。





「カンちゃんにもっと優しくしてあげてね。俺の嫁さんだったら怒ってるなー。」





ギクッ、ですよ。




ヤバ……って思いました。





そう、僕のカンちゃんへのあたりが強くて、それを気にされていたようでした。



今日、みんなでテーブル作りをしている時、カンちゃんがテーブルの足のサンダーがけをしていました。


女だてらにサンダーがけ。


テーブル作りの中では1番やりやすい作業をお願いしたつもりでした。



僕は色々他の作業をしながらカンちゃんに対して、あと5本だよー、頑張ってー、カンちゃん待ちになってるよー、と作業を急かしていました。


もちろん真顔で怒りながらとかではなく、冗談まじりの感じなんですが、そういった僕のカンちゃんへの態度を見て、飯島さんは結構ドギマギしてしまっていたよう。


女の子なのにこんな大変な仕事をさせて、それに対して早く早くーなんて急かして。


それを見かねた飯島さんは、自分の作業がひと段落したところでカンちゃんに変わるよーってサンダーがけを代わってくださっていました。



そうか…………あれはカンちゃんのことを気遣って代わってくれていたんだ…………













正直、カンちゃんはかなり頑張り屋さんです。


僕が力仕事をしている時も、一生懸命それを手伝おうとしてくれます。


慣れない作業でも、フミ君だけにさせたくない!!女だからとか思われなくない!!って言ってやってくれます。





僕はそういうカンちゃんの気持ちを汲んで、できる範囲でお願いをします。


あんまり無茶なことは言わないようにしてますが、やっぱり色々やってもらってます。



そこでカンちゃんは弱音を吐かないです。


かなり頑張って、こっちが大丈夫?って言うまで続けてくれます。


その弱音を言わないところもまた、飯島さんには無理してるように見えたのかもしれません。




そうだよなぁ…………女の子なんだよなぁ…………


当たり前だけど、もっといたわらないといけないよなぁ…………





僕のほんとにダメなところです。


自分がここまでできるから、相手にもここまではできるでしょ?と期待してしまう。

そして負担をかけてしまう。


なんにしてもそうだよなぁ…………





長いこと1人で旅してきて変に1人で生きてきた自負があるから、俺はこうやる、っていうスタンスを出しすぎてしまう。


それで周りにプレッシャーを与えてしまったら全然ダメだよなぁ。


全然優しくないよ。





飯島さんにすぐバレてしまった。

せっかく遠くから来ていただいたのに、そんな気まで使わせてしまって。






飯島さんにはテーブル作りを教えてもらっただけじゃなくて、親しい人に対しての思いやりを再確認させてもらいました。


これだけでもとんでもなく大きなクラウドファンディングのご支援です。


本当に本当にありがとうございます。



















「いやー、二日酔いには迎え酒って決めてるんですよ。」





次の日、朝からビールを飲んでる飯島さんに、マジ強いですね…………ってボロボロの僕。



まぁ二日酔いですよね…………


朝からビールとかマジ信じらんねぇ…………オエッ…………










朝ごはんを食べたらボロボロの状態で浜に行き、お店で使えそうな流木を拾いました。


流木はいいなぁ。台風が来たらいっぱい打ち上げられるんですよね。



これらの流木がどんな風に使われるのかお楽しみに。













ゆうきも来てみんなで天領うどんを食べに行き、うまい!!近所にあったら通います!!という飯島さんのお言葉も聞けてホッとしたところでお別れです。


ちょうど仕事で宮崎に行くゆうきが飯島さんのことを空港まで送ってくれることになり、ここで飯島さんとお別れしました。



飯島さん!!

遠いところ来ていただいてありがとうございました!!!

お手伝いだけでなく、貴重すぎる工具も寄付していただき、さらにカンちゃんへの気遣いも教えてくださり、感謝しかありません!!!!



あー!カンちゃん大事にします!!!


ってもう何回言ってんだろ!!!



また宮崎か千葉でお会いできることを楽しみにしています!!!!


とりあえず落花生食べます!!!









よっしゃ!!!!

飯島さんに教えてもらった気持ちを忘れずに大工さんともちゃんといい関係を作っていくぞーー!!!!

相手を思いやるぞおおおおおおお!!!!




きえええええええええええええええええええええ!!!!


そこの柱残すって言ってたのにいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!



















 

スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓