スポンサーリンク





タイで金丸トラベルエージェンシー


こんにちは!神田です。



奇跡ってあるんですね。

今日のはなかなかの奇跡を感じました。

人って生きてると、信じられないことが起きたりするものなんですね。


アドレナリン出まくりです。

アドレナリン出まくりで、眠れなさそう!!!




詳しくはフミくんのブログで!!!




おわり








2018年1月25日(木曜日)
【マレーシア】 クアラルンプール
~ 【タイ】 バンコク




もうめっちゃ痒い!!

身体中が痒すぎる!!!!!





足とか腕とか、色んなところが赤くなってボコボコしてる!!!!


アレルギーひどい!!




なんで!?なにがいけないの!?学歴!?!?



いや、まじめに何に反応してしまってるんだ!?!?


海鮮!?肉!?宿のハウスダスト!?バッグパッカーの足の臭い!?



あああああああ!!!痒すぎる!!!!


アレルギー嫌すぎるううううううう!!!






と思ったら、

















こいつやん。





ただのこいつやん。



ぐおおおおらああああ!!!死ね!!死ね!!このウンコ!!死ね!!!






はぁはぁ…………



クソ、ボケこいつ何してくれてんだよ…………



そういや確かにこれってダニの痒さだよな…………



くそおおおお…………



この宿1500円だぞ?税金入れたら1泊1800円もするので、ちゃんとしてるだろうと思って油断してたわー…………


宿でダニに噛まれるの旅人生で初めてじゃないかな…………





昔カナダでマダニに住み着かれて、毎日10ヶ所くらい新しく痒いところが増えていくのが1ヶ月以上続くという地獄みたいな経験をしたよなぁ…………


最終、ある日何気なく耳たぶを触ってたら、丸々太ったマダニがピアスみたいにくっついてて、ヒイイイイイ!!!ってちぎって捨てて、それからもう痒みに襲われることはなくなった。


あれはひどい目に遭ったよなぁ。

ダニの恐ろしさは身にしみてる。



なんでか知らんけど今日発見したダニはいつのまにか死んでいて、他にも見つからなかったけど、こいつの仲間が荷物や服に住み着いていないことを祈る…………


まぁとりあえずアレルギーじゃなかったのは良かったかな…………














痒い痒いって身体中をかきまくりながら宿のテラスで朝ごはんを食べた。


安宿らしい、パンとコーヒーのみのめっちゃ質素なやつ。


いつもはこのバッグパッカー朝ごはんなんか食べないけど、今日はこれからフライトなので少しだけでもお腹になんか入れとこう。





まずいインスタントコーヒーを飲み、バターを塗ったトーストをかじりながらクアラルンプールの街を見わたす。


ボロい黒ずんだ建物がブロックをまき散らかしたみたいに折り重なるマレー半島の大都市。

電線と瓦礫の向こうに近代的な高層ビルが見える。


きっとこの街も、今後数年で相当発展し、途上国なんて呼べないような場所に整備されていくんだろうな。


快適になっていくのは旅しやすくなるので嬉しいことだけど、あのパチモンストリートの無秩序さとか、屋台通りの猥雑さが消えて無くなってしまうのは旅人として寂しいことだよな。


















荷物を担いで宿を出発。

バッグパッカーの足の臭いからセントラルマーケット前のドリアン臭に変化する中を頑張って息を止めて歩き、混雑を抜けてチャイナタウン方面へ。








そしてチャイナタウンの中華門を通り過ぎて少し行くと、大通り沿いにある立派なバスターミナルに到着。

スタスタ歩いて建物の奥へと入っていき、雑然とした商店が並ぶ中、5番プラットホームに降りる階段へ。





昨日のうちに現地の人に聞き込みして、わざわざここまで来て、チャイナタウンから空港への行きかたをバッチリ調べていますからね。

僕も今ではこんなスマートな旅ができるようになりました。




いやぁ、このバスターミナル、前回はイグゾーと来たんだよなぁ。


目的のバスが何時間待っても来なくて、プラットホームをたらい回しにされ、結局深夜になぜかバスターミナルの外に連れていかれてそこに待っていたバスに乗り込み、夜通し走ったかと思ったら朝に謎の田舎町の道端にぺって捨てられてお金もなくて現在地もわからなくて、どうすんのこれ?って言うクソみたいな状況に陥った記憶がある。


マジで旅の仕方、ヘタだったよなぁ。この楽勝にもほどがある東南アジアで。


今なら東南アジアなんかチョチョイのチョイの介ですな。




とかいってバンコクに着いた瞬間タクシーにボッタクられたらどうしよう。


ツアー会社にクソ高いツアー組まされて、宿で南京虫に全身食い散らかされて、美女にナンパされてウヒョウ!!って興奮してホテル連れ込んだらニューハーフで、ヒイイイッ!!ってホテルから逃げ出したところをブログの読者さんに見られて金丸ニューハーフとヤリまくりやんってなって、こうなったらやけ酒だ!!って酒のつまみにピーナッツ買ったらよく見たらイモムシで、泣きながら歩いてたらウンコ踏んでコケてドブ川に落ちて、バンコクから逃げ出したらバスの荷台で荷物全部盗られて、短期旅行の大学生にマジっすか?まぁ元気出しちゃって下さいチョリっすって言われる。



ううーん…………前回のタイの悪夢が蘇るなぁ…………


ラオスでは死ぬほど体調崩したし…………


今回はトラブルなく東南アジアを突破したいな。






8時2分前に5番プラットホームに降り、待ち構えていた空港行きバスに乗り込むと、一瞬に走り出した。


バスの値段は12リンギ、40円。

30分ごとに出ています。

























チャイナタウンから1時間ほどで空港に到着し、もはや日本語まみれのファミリーマートで余ったリンギを使ってカップラーメンを食べ、時間に余裕をもってチェックインからの搭乗。


うーん、スムーズ。





そうしてクアラルンプールを飛び立った飛行機は2時間ほどのフライトであっという間にタイの首都、バンコクに到着した。





うわああああ、懐かしいよなぁ。


バンコクも結構長いこと滞在して遊んだ街だったよなぁ。



タイ自体はプーケットからピピ島、バンコク、チェンマイと、1ヶ月以上滞在した国だったのですごく親しみがある。


オマケにずっとカンちゃんと一緒に旅した場所なのでたくさんの思い出があるなぁ。


イグゾーもいたし、あんなちゃんもいたし、毎日飲んで歌い、カオサンをパンツ1枚で歩いたり、虫食ったり、本当タイは東南アジアの、いや、世界の遊び場って感じだ。


治安も良いし、食べ物は美味しいし、日本のものはなんでも揃うし、物価も酒も安い。


美しいビーチリゾートあり、パーティーアイランドあり、歴史深い遺跡あり、美しい女の子を買える買春街あり、


無敵の観光大国。



今回はどんな過ごしかたができるかな。





まぁ今回は俺たちだけじゃないんだけどね。





この1年半、ずっと楽しみにしていたイベント。




1年半前、そう、それは俺たちのオーストリアでの結婚式!!




あの結婚式からこの日を計画して長いことこの日に向けてずっと準備してきた!!








タイの空港で待っててくれたのは!!!!









「あああー!!久しぶりー!!ちゃんと来られたねー!!」



「いやー、来られたわー。すごいねぇー、また外国に来るとは思っちょらんかったわー。嬉しいわぁー。」



「文武君、元気そうやな。また会えて嬉しいわ。」



「お久しぶりです!!元気にやっております!!アフリカでは連絡が途絶えてしまってご心配おかけしました!!」



「お父さんお母さん久しぶりー!!」







到着ゲートで綺麗なキャリーバッグを持って待っててくれたのは金丸家神田家の父母!!!



よおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおし!!!!!!


ここから1週間、旅するろっこいち!!!!



僕とカンちゃんで両家両親の完全ガイドとなって身を粉にしてタイの魅力を伝えて最高の旅の思い出を作らせていただく所存にございます!!!



これまでの旅のスキルを総動員!!


ライバルはJCB!!!



英語による完全案内!!

美味しいご飯を探し出すリサーチ力には定評あり!!

ローカルから定番観光地まで網羅!!

ボッタくりなど1ミリも寄せ付けない鉄壁の防御!!!

もしスリなんか来た場合はすかさず腕をつかんで脳天にカカト落とし!!

写真撮影ではカンちゃんの元フォトグラファーとしての腕が光る!!

困ったことがあったら24時間いつでも駆けつける完全サポート!!!


信頼と実績の金丸トラベルエージェンシーは皆様のご旅行を輝く人生の1ページにすることをお約束いたします!!




「では皆様、ようこそタイまでお越しくださいました。これよりクソボロい地獄みたいなローカルバスに乗りまして、英語なんて1ミリも通じない現地民に混ざり、南京虫とパーティー欧米人だらけのエアコンのないほぼ廃墟と言っても過言ではない世紀末ゲストハウスに向かいます。今夜の晩ご飯は路上の30円のラーメンになりますが、何かご質問はありますか?ちなみに狂犬病の野良犬が集団で襲いかかってくることが稀にございますのでご注意ください。」




などとは言わず、快適にウーバーで移動しましょうか。


全員60過ぎの初老ですからね。


カンちゃんのお父さんだけかつてバリバリの旅人だったので旅慣れしていますが、基本、この1週間は優雅に行きましょう。


みんなドロドロのバッグパッカー旅なんか望んでません。

快適に、無駄なく、予定を詰め込み過ぎず、でもキチンと主要ポイントをおさえる。


優雅でありつつ、程よくローカル感も忘れない感じで。

上手くミックスさせて。





ウチの両親にいたってはシンガポールとか台湾とかしか行ったことないですからね。



「文武、タイは暑いねぇ。日本は雪が降っちょったとよー、寒かったわぁー。それでタイは治安は大丈夫やとね?」



「多分お母さんの人生で1番治安悪いからスリとかひったくりには気をつけてね。あと自分たちで換金とか買い物とかしないこと。必ず俺たちと行動してね。まぁタイは治安良いほうだからまず何もないだろうけど、念のためね。」



海外経験がほとんどない田舎のおじちゃんおばちゃんなんか、タイではいいカモでしかないです。


換金所でお金の枚数をちょろまかされたり、タクシーの運転手にぐるぐる遠回りされたり、お土産物屋で元値の10倍くらいふっかけられたり。


そこでほんの少し、アレ?おかしいな?って思っても、日本人なんて、まぁそんなものなのかなぁって払ってしまう。


どうせ千円くらいだしどうってことないし、って感じで。



しかしそんな妥協は、2人合わせて150ヶ国以上行ってる僕とカンちゃんがいる限り絶対に許しませんのでご安心ください。

クソみたいなボッタクリには死を、これが金丸トラベルエージェンシーのモットーです。



でもバカみたいに値切るのはスマートではないですからね、ほどほどで。







まぁいってもここはタイですからね。

お父さんお母さんからしたら人生で1番治安の悪い場所だけど、気をつけていればまず何にもないです。

ボッタくりくらいなので可愛いもんです。


ナイフで脅してくる強盗なんかいないし、歩いてていきなり車で跳ね飛ばされて半殺しにされてから物を奪われる、なんて恐ろしいこともこの東南アジアではまず起きないです。


スリだけ気をつけていきましょう。




いやー、1週間でどうバンコクを回ってみせるか。

これは旅人として腕の見せ所ですよ。


見所めっちゃたくさんあるからなぁ。

死ぬほど満足して帰ってもらわないと。











というわけでウーバー呼んだんだけど、ウーバーが来ねえ!!!!!


ドライバーが全然捕まらないし、捕まってもまったくこっちに近づいて来ないし、無駄に時間だけが過ぎていく!!!!



日本からの長旅で疲れているであろう両親4人。

早いところホテルに入ってリラックスしてもらわないといけない!!!


ていうかカンちゃんのお義父さんとお義母さんの前で頼りないところを見せるわけにはいかない!!!

全てをスムーズにスピーディーに、ソツなく、効率よくこなし、娘の旦那としてしっかりしたところをアピールしなくてはいけないのにいきなりつまずいてるやん!!!



海外旅行なんてめっちゃ人間性が表れるもんだから色々査定されてしまいそう!!!!


もじもじして男らしくない、

決断力がない、

周りへの配慮がない、

とっさの機転が利かない、

現地の人とのコミュニケーション能力がない、

体が弱い、

顔がキモい、



他にもめっちゃたくさん色んな面が見えて来るので、旅行先の人間性にがっかりして成田離婚とかもある。


逆にそこでたくましさや頭の回転の良さをアピールして恋人ができたり結婚したりする人もいる。




ぐおおおおおおおおおおおおお!!!


旅スキルを総動員して、川の流れのようなスムーズなプランにしなければあああ!!!!


こんな着いた瞬間からマゴマゴやってたらお義父さんにガッカリされてしまうじゃねぇかああああああああ!!!!




でもやっぱりウーバー来ない!!!!

全然近づいて来ない!!!!



あ、ちなみに着いてすぐSIMカード買いました。

4Gリミットなし、ちょい無料通話付きの7日間プランで、値段は199バーツ、690円。










クソオオオオオオオ!!!!


ちんたらしてたら、なんかもう4人が痺れを切らしかけているのが伝わってきてクソ焦る!!!!


俺たちが必死こいてウーバーを呼ぼうとしているので逆にみんなも気を使ってくれ、もう普通にタクシーで行こうよ、という言葉を飲み込んでくれているのが分かる!!!!



ああああああああああああ!!!!!




「ちょっと待っててください!!タクシーの値段とか聞いてきます!!!」



ダッシュでターミナルを出て外にいるタクシーを探すんだけど、タクシースタンドがどこにあるのかわからん!!


キョロキョロしながら走って探し回る!!


クソゥ!!暑い!!


バンコク暑くて汗が流れてくる!!




ああああああああああああああああああ!!!!もううううう!!!!!


なんでウーバー来ねえんだよタイのウーバーのボケエエエエエエ!!!!





するとその時誰かが俺の肩を叩いた!!!!


ぬぁんだこのクソ忙しいときにいいいい!!!


ボッタくり客引きの相手してる場合じゃねぇんだよコノヤラアアアアアア!!!!




鬼のような顔で振り返ると、1ミリも知らない日本人の初老のご夫婦が立ってる!!!



え、えっと…………ど、どちら様でしょうか!!???





「いやぁー、こんなところで会うとはねぇ。」



「あ、は、は、はい。はい?…………あ!!いやー!!どうもお久しぶりですぅぅうう!!!子供のころはたくさんお年玉いただいてありがとうございました!!いやー、お正月に伯父さんに会うのが楽しみで楽しみで仕方なかったの覚えてますよおおおおぉぉぉ!!本当偶然!!」



「ブログ、読んでます。」



「ウチの人、いつもブログ読んでるんですよ~。」



「いやぁー、ところで金丸さん、今日のご予定は?」



「ちょ!!えっと!!あのー!!えーっと!!…………あのー!!こ、このタイミングゥ!???!」




ちょっともうなんか軽く頭の中パニックになって、変態みたいな作り笑いになってた気がする…………


せっかくお声をかけてくださったのに愛想のないことをしてしまい本当に申し訳ありませんでした!!!

もしまたどこかでお会いできましたら、お茶をご一緒させてください!!!


安全で充実したタイ旅行になることを願っております!!









ご夫婦と別れてもやっぱりウーバーが来ないので半ギレでキャンセル!!!

多少高くなっても空港タクシーで行くしかない!!!


ていうか両親たちからしたら300円くらいの違いなんかどうでもいいから早く行こうよってところ。

でも俺たちからしたらなるべく安価に旅行を楽しんでもらいたい。


バランスよくリードしていかないと!!!!



慌てふためいて走り回りなんとかタクシースタンドを見つけ、長蛇の列に並んでカウンターでチケットをゲット。

そしてスムーズにタクシーに乗車。


空港タクシーなんてなかなか高いんだろうなぁと思ったけど、値段はウーバーとほぼ変わらん!!


さっきの20分くらい時間の無駄!!!!






というわけで両家3人ずつに分かれてタクシーに乗り込んでバンコクの街へと向かって走っていく。





高速道路の両側に広がるのはトタンやスレート屋根の民家で、ボロい看板に電線が絡まって相変わらずの途上国の風景。

しかしその向こうに見えるのは巨大な高層ビルが林立する摩天楼。


シンガポールに引けをとらないような凄まじいビル群が天をつき、しかもそれがものすごく広域に広がっている。





バンコクは東南アジアの大ボス。

とんでもない大都会だ。

もはやバンコクだけを見ればタイは途上国とは呼べなさそう。



「いやぁ、すごいねぇー、都会じゃねぇこれは。タイなんて人生で絶対来ることないと思っちょったから嬉しいわぁ。象とか乗れるね?」



「ねー、普通は退職したようなおじさんおばさんはツアーで来るもんね。ボッタくりとか多いからちょっと不安だよね。人ゴミの場所ではカバンは前に持つようにしてね。象ももちろんプランに入ってるから安心して。」



「いやぁ、ワクワクするわぁ。」



「飛行機は何も問題なかった?」



「ないない。大丈夫じゃったわ。でもねぇ、飛行機の中でなんか紙を渡されてね、記入するところがいっぱいあるやつ。入国の紙じゃろ?それでペンを持ってなかったから、隣の席の女の人にペンを借りようと思って頑張って話しかけたとよ。借りるって英語でなんて言うっちゃろって考えて、レントかなぁって思って、キャナイレントペン?って言ったとよ。勇気を出して。そしたらその女の人が、あ、私日本人です、って言ったとよ。恥ずかしかったぁぁー。アハハハハ!!」



久しぶりのお母さんの小話が面白くて、話に花が咲く。

いつもメールはしてるけど、やっぱりこうやって会うと色んな話が出てくる。


宮崎でのこと、親戚のみんなのこと、仕事のこと、家族のこと、実家の家のしんごのこと。



お父さんお母さんと前回会ったのは1年3ヶ月前のオーストリア。


オーストリアの結婚式に来てもらってから少し小旅行をしたんだけど、それをウチの親もカンちゃんのご両親もとても楽しんでくれ、また俺たちの旅中にどこかで合流できたらいいねと話していた。


そうして日程やら、親でも楽しめる国とかを考えたところ、タイがベストだということに決定。

オーストリアの後、すぐに決まったんじゃなかったかな。



年明けにタイに集合しよう!!って話が決まると、みんなとても楽しみにしてくれて、ガイドブックを買って勉強したり、タイ語の簡単な挨拶を勉強したり、色々予習してきてくれたみたい。


両家の親と6人旅行なんて俺たちからしてもめっちゃ嬉しい!!!!


みんなが仲良くなって、家族同士が親交を深め、最高の旅行だったって言ってもらうためにも、トラブルのない充実した毎日にしなきゃ。
















さてさて、空港から40分ほど走ってやってきたのはプルンチットエリア。


俺とカンちゃんが前回滞在していたのは有名なカオサンロードや王宮、ワットポーなんかがある川近くの観光エリア。

だいたいの観光客、特にバッグパッカーはあっちに泊まるんじゃないかな。



こっちはカオサンから東に5キロほど離れた新市街になっており、高層ビルがズゴンズゴン立ち並ぶビジネス・ショッピングのエリア。


歩道橋のスカイウォークが頭上を通るバンコクの目抜き通り沿いにはサイアム、アソーク、ナナなんかの繁華街が続き、巨大ショッピングモールのオンパレードというラグジュアリーな地域になっている。

バンコクの勢いを1番感じられる場所。





そして到着したのはプルンチットの駅近くにあるこのホテル。




まぁ良いとこですよね。

そりゃ親をカオサンの安宿に泊まらせるわけにはいきません。


宿泊先も飛行機の手配も前回同様、全部俺たちがやったんだけど、親がどんなところに泊まりたいのか考慮して選ぶのはなかなか気を使った。


本当はこのホテルも航空券も全部俺たちからプレゼント、っていきたいところなんだけど、まだそこまで余裕ないのでもうしばらくお待ちくださいませ…………

今度は俺たちが全部出すから!!




ていうか部屋すげええええええええ!!!!









なにこのスーパーラグジュアリーな部屋!!!!

キッチンあるし洗濯機あるしリビングあるしバスタブあるし、すげすぎる!!!!!









ここタイだよ!?!?


タイの宿っていったらカオサンの裏通りのクソボロい廃墟で、エアコンなんかなくて天井でファンが回っててそのファンがあまりにもグラグラ揺れてて寝てる間に取れて落下してきて首を切り裂かれそうな予感しかしなくて、もちろん水シャワーで、外からクラブの爆音が轟いて夜中まで眠れない上に最終的に宿のスタッフに金を盗まれるというアレじゃないんですか!?!?


いやぁ…………贅沢すぎてビビるわ…………


さらに日本からの差し入れも。




頑張ってガイドしよ…………














「あら?エレベーターが開いたよ?6階って書いてるのに開いたよ?不思議じゃねぇ。」



「ホンマやねぇ。ここ1階なのに6階で開いたね。表示が壊れとるんやろか?」



「それは6じゃなくてグランドフロアーのGだよ。」



「あら!!そうなのぉ~!!アハハハハー!!」



「ヤダわぁ~!!もう~!!」



お母さん2人のやり取りにみんなで笑いながら3部屋に分かれて夫婦ごとにチェックインしたら、プラッと近場の散歩に出かけることに。


今日は長い移動でみんな疲れてるだろうから、いきなり観光に繰り出すのは控えてナイトマーケットの散策と晩ご飯だけにしておきましょう。








というわけでホテルからぷらぷらと歩いて、近くにあるタラートネオンナイトマーケットを目指す。




道路にはバイクがたくさん走り、車の数も多いんだけど、まぁインドやインドネシアとかに比べたら相当、相当行儀がいい。


誰もクラクションなんか鳴らしていないし、信号も守るし、みんなそれなりにモラルを持って交通ルールに従っているのが見て取れる。

道路を渡ろうとしたら車が止まってくれてどうぞって譲ってくれるし。


さすがにバンコク。


そういうところに人々の先進性が表れてる。



「あら、あの車ウィンカーつけないで曲がってきたわよ!!あああ!!歩道をバイクが走ってきた!!」



「あのバイク逆走しとるやん!!あんなビュンビュンすり抜けて危なっかしいわぁ!!」



でもそんなタイ人の運転でも普通の日本人からしたらなかなかショッキングだよなぁ。


みんなの反応が新鮮で見てて楽しい。

















鬼ほど絡まってる電線とかボロい歩道橋とか汚れた川とか、日本じゃまず見かけないそんな風景にワーキャーワーキャー言ってるお母さんたちを先導して、15分ほどでタラートネオンナイトマーケットに到着。









高層ビルの足元にものすごい数の屋台が整然とひしめいていて、なかなか巨大な夜市だ。

まぁバンコクではこのくらいのナイトマーケットは大きいとは言わないみたいだけど。










俺もカンちゃんもバンコク2回目とはいっても街のことを全部知り尽くしてるわけではもちろんないので、案内しながら俺たちもワクワクしてくる。


旅行者のほとんどが買うであろうタイパンツ、象の置物やらマグネット、アクセサリーやらポーチやらケータイケースやら、とにかくなんでもある!!!

観光客向けだけ、ってわけじゃなくて、地元の人もお買い物に遊びにくる場所なのかな。


むしろ外国人はほとんど見かけないくて、タイ人がほとんど。

















まぶしいくらいのライトが光る賑やかなマーケットの中を歩いていると、お店の人たちが元気に声をかけてくる。



「ハローカー!!ウェルカムカー!!」



「ヤスイヤスイー!!チョットマッテカーー!!」



「ルックルックカー!!ディスカウントカー!!」



もうこのタイ人の鼻づまりしてるんですか?っていう喋りかたが可愛くてしょうがない!!


そして語尾にカーをつけてくるのもタイならではですごく面白い!!


そしてみんな英語をほとんど喋れないのも旅感があって新鮮だ。


アフリカも、オーストリアも、インドも、インドネシアもシンガポールも、ほとんどの人が英語を喋ることができていたので、タイの人ってこんなに英語ダメだったっけ?って意外に思えた。

むしろ日本語のほうが分かるんじゃないか?って印象。









そんな客引きたちの強引な声かけに戸惑いながらも笑顔を返しているお母さんたち。


お義父さんはもう慣れたもんって感じだけど、他の3人からしたらこのタイのそこまでグイグイこない客引きですらやっぱり驚くほどの強引さだろうからなぁ。



「文武文武、すごいねぇ、みんな必死に客引きするっちゃね。インドはもっとすごいとね?」



「うーん、まぁ腕掴んできたり髪の毛引っ張ってきたり牛が歩いてきたりウンコ踏んだり知らんおっさんがいきなり耳かきしようか?って言ってきたりするかな。」



「うわぁ、それは私には無理じゃねぇ…………」







まぁ初日にお土産買うこともないので、軽く歩いたら早速ご飯を食べることに。


俺たちが大好きな大好きなタイご飯!!!


親たちもかなり期待しているのでここでマズイもんを食べさせるわけにはいかない!!!



今回の旅行のご飯1発目!!!めっちゃ大事!!!













いやあああああ!!!なんかこっちが緊張する!!!!


やっぱり世界最強の日本食を毎日食べてる人からしたらタイご飯ってどうなんだろ!!!??


海外を旅しててロクなもん食べてない旅人にとったらタイの屋台ご飯なんかめっちゃくちゃ美味しいけど、やっぱり日本からの短期旅行ならば1回ハードルを下げてもらわないといけないのかな!?!?


スパイスとか香草とか食べ慣れないものもあるから苦手な人は苦手だし!!!




い、いや!!でもタイご飯には日本人をうならせるだけの力があるはず!!!

俺たちがタイを信じなくてどうする!!!


必ずみんなこの東南アジアのエキゾチックな味わいを楽しんでくれるはず!!!



美食の国!!タイ!!!



その実力を見せつけてくれ!!!!
















タイ最初の食べ物、イモムシ。


ちょっ!!ウケる!!!






「あら、意外と普通やね。小エビみたいな味やね。」



「いやー!!私は無理やわぁ!!アカンアカン~!!」



俺とカンちゃんですら最初食べる時かなり躊躇したのに、あっさりパクパク食べてるみんな。

カンちゃんお義母さんだけ逃げてました。









イモムシを持ってテキトーに屋台に座り、ビールで乾杯。


今日本はものすごい寒波が来ていて、大阪でも雪がちらつくほど極寒だったらしいんだけど、それが一気に気温30℃の灼熱の東南アジア。


そりゃよく冷えたビールが美味しい!!!



「あら、美味しいね。」



「お、これがトムヤムクンってやつか。面白い味やな。」



「タイっていったらチャンビアーやな。シンハーしか飲んだことないかったわ。」

















みんなパクパクとご飯を食べてくれ、少し安堵。


滞在中はレストランばっかりじゃなくて、もっとローカルな屋台ご飯とかもまんべんなく回って色んな種類のタイご飯を楽しんでもらうぞ。


































ご飯を終えたらビール以外のものも飲みたいなということになり、なんかいいお店ないかなとマーケットの奥のほうに行ってみると、おあつらえむきのバーエリアがあった。

















電飾をつけたいくつもの派手なバーが並び、音楽が爆音で流れ、一角ではライブミュージックもやっている。


さすがはパーティーカントリー、タイ。

夜遊びには事欠かないよなぁ。





店前のテラスはあまりにもうるさいということで、店の屋上の席に座ってみた。





ナイトマーケットを一望できる景色にみんな喜んでくれ、そこでハイボールを飲む。


普段外食もあんまりしなくて、バーなんてほとんど行かないうちのお父さんお母さんがこんな場所にいるのが息子の俺としてはかなり違和感があるけど、せっかくの旅行なんだから新鮮な体験をたくさんしてもらわないと。




それにしてもこうやって親同士で飲んでいると、今まで聞いたこともなかったような話がたくさん出てきてすごくこそばゆい。


俺が赤ちゃんだったころの話、子供のころの話、いろんな苦労した話。


俺のこと育ててくれたんだなぁ、ずっと1番側にいてくれた人なんだなぁって改めて実感すると同時に、不思議な感覚になる。



今の俺の歳になると、周りの友達たちはみんな子供ができている。

そんな友達の育児の大変さとかを聞き、フェイスブックの写真とかを見ていると、みんな悪戦苦闘しながらもこれ以上ないほどの愛情を我が子に注ぎ込んでいるのが分かる。


そんで今お母さんたちの話を聞いていると、お父さんお母さんにも育児初心者の頃があって、俺のことを愛情を持って育ててくれたんだなぁって実感する。


生意気だった俺のことを、大事に育ててくれたんだよなぁ。

抱っこして、寝かしつけて、ご飯を食べさせてくれていたんだよなぁ。







それはもちろんカンちゃんのお義父さんお義母さんも一緒で、そんなお義父さんのお話もたくさん聞かせていただいた。



「文武君、僕は若いころ、まだ結婚したての頃にな、すごく忙しい会社で働いてたんやわ。働きまくって働きまくって、寝る時間なんかほとんどなくてな、帰ってきてご飯を食べるんやけど、ご飯食べてる時も眠くてウトウトしてしまうんやわ。でもやっぱり奥さんと一緒にいたくてな、それが何より嬉しい時間でな、家に帰ってくるのが毎日楽しみやったんや。そうやって毎日毎日働いて、奥さんにいい旦那さんって思われたかったんやな。」




もうめっちゃ感動する…………




俺もカンちゃんといる時間がたまらなく嬉しい。

毎日毎日一緒にいたすぎて、どんな時でも離れたくないと思う。


それと同じように、親たちにもそうした新鮮な愛に溢れた若いころがあったんだよなぁ。


もちろん今だってどっちもすごく仲がいいんだけどね。










ハイボールを作ってグラスを合わせる。


汗をかいたグラスをあおり、俺たちも汗をかきながらたくさん話した。


東南アジアの熱気は夜がふけるごとに増していき、マーケットの中はさっきの何倍もの人がひしめいている。



ウチの親夫婦、カンちゃんの親夫婦、そしてその子供同士がまた夫婦。


3組の夫婦がみんなで酒を飲む。





上手く書けないけど、すごく感動した。


夫婦になるってすごく良いことなんだなって、素直に思えた。


命を繋ぐこと、親が増えること、全てのことにたくさんの学びがある。


新しい世界に入ったんだなって思えた。

人生が確実に深まる気がする。




どちらの親も、きっとたくさんの困難を乗り越えて今もこうして仲良く過ごしている。


こんな夫婦にならなきゃ。






あー、親と旅行ってめっちゃいいなぁ。


これから6日間、めっちゃ濃密な日々になりそうだ。














~~バンコク完全満喫プラン~~

1日目、内容

★タラートネオンマーケット散策

★虫を食べる

★マーケット内屋台でタイご飯ディナー

★パーティーバーで乾杯




スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓