スポンサーリンク





ヨーロッパ最後の夜、めっちゃ久しぶりの安宿にとまどう


こんにちは!神田です。



インドは今、1年で一番過ごしやすい時期だそうです。


て言っても昼間は30度くらいで十分な灼熱の太陽で肌はジリジリいってます。

あ、あつい・・・。


でもインドって平気で40度超えたりしますもんね。



平気で40度って。こわい国です。

平気で40度で平気で扇風機ですもんで、熱風を体で受け止めてる感じです。



そりゃあ現地人のインド人でも毎年熱中症でなくなる人が何百人もいるわけです。



おわり









2017年11月12日(日曜日)
【オーストリア】 クレムス ~ ウィーン





朝、ベッドの中でもぞもぞしていると、いきなり寝室のドアがキイイイ………っと開いた。



そして、キャッ!!!っていう大きな声でビックリして飛び起きた。



ドアのとこを見ると、息子君がイタズラっぽく笑いながら立っていた。




「フミ君ナオちゃんごめんなさいねー、ホラダメでしょー。」



「うわあああああい!!!」




もう朝から元気爆発の息子君。


家の中を駆け回ってお母さんもてんやわんや。


背中にはまだ赤ちゃんの妹ちゃんを抱えてるし、お母さん大変やなぁ。


ウリウリ~~!!と息子君を捕まえて飛行機ごっこしたり抱っこしたりするとキャッキャ言って大喜びしてる。


素直で可愛い子だなぁ。




俺たちも帰ってから子供を持つことができたときのことを想像する。


どれほどこれまでと違う種類の幸せを味わえるんだろ。















それからみんなで朝ごはんをいただいた。

これぞオーストリアというご飯がとても嬉しかった。








センメルのパンにバターを塗り、ハムとチーズを乗せて最後にオーストリアワサビをつけて食べるとものすごく美味しい。


息子君も美味しそうにパンをかじっている。


日本人がお米と味噌汁の朝ごはんを恋しく思うように、息子君もオーストリアのこのご飯が1番!ってなっていくんだろうな。







ご飯をいただいたら元気いっぱいの息子君と旦那さんと4人で庭でサッカーをした。


体全体で弾けるように動きまくる息子君。


キャッキャ!!

キャーーー!!!


もちろんまだ小さな子供なので大きい声を出す。

でも子供なんだからそれが仕事みたいなもんだ。


佐藤さんいわく、オーストリアは本当に子育てが楽で、近所の人たちがみんな助けてくれるので安心できるんだそう。

仕事場でもそうで、子供がいることを考慮して色々優先させてくれるのがこっちでは普通なんだそう。


ヨーロッパの人たちって本当に妊婦さんや子供に寛容で、優しいってのをよく見てきた。



日本だったら電車やバスで妊婦さんが優先座席に座ってたら、病気じゃないんだから立ちなさいよとか言われたり、子供が泣いたらあからさまに舌打ちされたり、地域に公園を作る計画が上がったら、子供たちの声が騒音になるからと近隣で反対運動がおきたり。


まぁもちろんこんなの極端な例だとは思うけど、やっぱり日本はそういう子育てに関してはなかなか冷たいんじゃないかなって感じる。






ただそんな環境のいいオーストリアでも、ウィーンはあまり子育てには向いてないとのこと。


移民がすごく多いので、学校ではクラスの50パーセントがオーストリア人ではない外国人の子供というのが普通で、下手したらクラスの中にオーストリア人1人だけ、なんていう状況もあるんだそうだ。


もちろん外国人だからダメということはないけれど、みんなトルコ、シリアなんかの言葉で会話するし、すでにグループが出来上がっていることで友達も出来にくいし、そうなると子供が可哀想。


色々問題があるんだろうな。















少し旦那さんの日曜大工のお手伝いなんかをしつつ、出発前にお昼ご飯を食べさせていただいた。


豚バラ大根!!!





ぐおおおおおおおおおお!!!!!

マジでうめえぇ!!!!


これぞ家庭の味って感じの優しい味つけにめっちゃ安らぐ!!!





やっぱり日本食うめぇなぁ……………


カボチャのお味噌汁もすっごく美味しくて、ご飯のお代わりをさせてもらった。


いやー、本当美味しかった。













みんなでオモチャで遊んで、ゲームをして、妹ちゃんを抱っこさせてもらい、もっと遊んでいきたいところなんだけど、そろそろ出発しないといけない。


今夜の目的地はウィーン。


そして明日の朝に空港だ。



「それじゃあ、インド楽しんできてくださいね。また遊びに来てください。」



「気をつけて旅を楽しんでね。」



「ねー!!どこ行くのー!!アソブー!!アソブー!!」



わざわざお見送りに出てきてくださったみんなにお礼を言い、手を振って車を走らせた。


サイドミラーにずっと手を振ってくれている姿が見えて、胸が締めつけられる。


佐藤さん、ありがとうございました。



あー、ドキドキするな。

もうこれが最後の日なのか。

















これが見納めと思いながら、オーストリアの道を走った。


畑の中の一本道、ポツンと佇む教会、小さな集落、スパーやリドルなんかの見慣れたお店たち。


みんなみんな、頭の中に残ってる。




そうして2時間走ってウィーンの街に入った。


大都会のビルの隙間を抜け、やってきたのはウィーン中央駅前。





今夜はホテルを取ってあるんだけど、このウィーン中央駅前のめっちゃ立地のいいところに激安のバッグパッカー宿がある。



ここ。





超でかい。



何千人泊まれるんだ?


ただのビジネスホテルをホステルに改装した感じのところ。


なんか修学旅行で泊まったホテルみたいな感じ。






















なんとこのウィーンでドミトリー1人9.75ユーロ、1280円。

マジ激安。



でもチェックインの時に、シーツは別料金で1人3ユーロだよって冷たく言われた。


おい、シーツで400円上乗せする宿とか地球上で初めてだわ。



最近ではホテル予約サイトが乱立してるし、なんとかして検索上位に来るために料金を安く設定し、後から現地で色々上乗せっていうやり口が多い。


気持ちはわかるけどシーツ代はビビる。







ていうかドミトリーとか久しぶりすぎて怖い!!!!


え!?なに!?知らん人と同じ部屋で寝るの!?


なにそれ!?なんでそんなことしなきゃいけないの!?罰ゲーム!!?




そう、旅は罰ゲームの連続だということをすっかり忘れてますね。




チェックインして部屋に入るといきなり上半身裸のロシア人がサムライ!!って言ってきました。



どうやら部屋を間違えたようです。









え?間違えてない?







ドミトリー怖え………………




とりあえず部屋の中の体臭すごい……………







旅怖いよおおおお!!!





そうです、どうもなまりまくってます。


インドやっていけるかな……………













車は駅横に24時間5ユーロという、マジ激安の巨大パーキングがあったのでそこに止めた。

ここ本当に安いのでウィーンに遊びに来たならここに止めるべし。



そして車の中の鍋やらフライパンやらまな板やら調味料やらを全て持ってホテルへ運び、それからウィーン中央駅に行ってタバコやお土産を買いつつ、昨日の路上のコインを紙幣に交換してとお願いして回る。


さすがに中央駅なので日曜でもスーパーがオープンしていてお肉が買えたし、レジの人たちもみんな優しくてすんなりコインを交換してくれた。


めっちゃ順調。

全ての準備が完璧に整っていく。





今夜はあともうひとつ大事な準備がある。


それは明日からの移動に備えてのおにぎり作り。


めっちゃ安い航空券なので、インドに行くのに飛行機3本、驚異の丸2日トランジットという、なんかもう逆に贅沢なの?っていう内容となっております。


なので移動の間のご飯をここで作りまくってやろうという算段だ。



いつでもおにぎり食べられるなんてうれしいしね!!






よーし!!それじゃあ頑張っていっぱい作るぞー!!とホテルのキッチンですぐに料理開始!!!!


と思ったらキッチンがキモいくらいショボい!!!!





なんだここ!!


コンロはあるのに鍋もフライパンもねぇ!!!


包丁もねぇし、まな板もねぇしなんにもねぇしオラこんなホテル嫌だぁ!!!






コンロあるのに鍋ないとかふざけてますよ。


つまり誰も料理できないです。


キッチン付きとか書いといて、これじゃあ料理できないただの変な部屋ですよ。



こんなんでキッチン有りとか書いたらダメやろ……………



どうりで利用してる人皆無なわけだわ。

誰もキッチンのとこ来ないもん。








まぁこんなこともあろうかと思って、車の中の調理器具全部持ってきたんだけどね。


8ヶ月使ったコンロ、フライパンに関しては1年以上使ってきた大事な旅の戦友たち。


これが最後の調理だ。


あー!!このフライパンで美味しいご飯たくさん食べたなー!!!










というわけでそっからひたすら米を炊き、おにぎりを作りまくる神田さんを、よい嫁をもろうたのぅと思いながら僕は日記書きですね。



さ、サボってないし!!!


ここ最近全然日記書けてなかったからやらないとマジでヤバイんです!!!


インド行くのに日記溜め込んで行きたくないし!!!




それにしても神田さんの手際は素晴らしいですね。





自分のお嫁さんをこんな風に言うのもアレですが、おにぎり握る手つきとかにお母さんの安定感があります。


いつでもお母さんになれるなぁ、いつもありがとうね、って思いながら日記を書くと見せかけてキャンディークラッシュ!!イヤッホウイ!!!!!






というわけで昆布、のり玉、梅干し、ツナマヨの4種類で24個のおにぎり完成!!!





こんだけあったら2日間のトランジットも恐るるに足らず!!!


カンちゃんお疲れ様です!!!










そして今夜の晩ごはんは!!!


ぐおおおおおお!!!!!


キムチ鍋死ぬうううううううう!!!!!









この前ノリ君ユキちゃんにもらっていたキムチ鍋の素を大事にこの日のためにとっておいた!!!!

旅するにこいちありがとうー!!




ていうかマジで超絶美味しいんですけど。


どうしましょう?ええ?


これどうしましょう?



するとそこに韓国人のバッグパッカーが入ってきて、オー、キムチーって言いました。


韓国人たちはキャンプ用のミニ鍋でトマトパスタを作ってました。


懐かしいこの感じ!!












ネットに繋いで動画を見ながら美味しいキムチ鍋を食べて美味しいビールを飲んで。


ホテルだったらこんなん当たり前のことなんだけど、でもこれは先進国のホステルだからできることなんだよなぁ。


インドに行ったらワイファイも遅くなるだろうし、めっちゃ全部汚くなるし、お酒も手に入れづらくなるし、お湯の出ないシャワーになる。


色んな常識がブッ飛ぶほど変わってしまう。


この贅沢も今日までだ。




あ、それと余った調味料、色んな種類のソース、鍋もガスコンロもまな板も包丁も、全てこのキッチンに寄付させてもらった。

お皿もだし、ナイフもフォークもスプーンもマグカップも。


これでだいぶこのキッチンもマシになっただろ。




あともうひとつ、これはだいぶ悩んだんだけど、今まで大事にしてきたマットもここに寄付させてもらった。


最初の世界一周の序盤、フィンランドのロバニエミで買ったマット。

このマットで世界中で野宿してきたし、今回の車中泊でも大活躍してくれた。


でももうここから先は野宿することも空港泊することもないはずだし、日本に送った荷物にもかさばって入れることができなかった。




なので思い切ってカンちゃんのマットとふたつ、宿に置いていくことにした。



バッグパッカーが集まるこの宿なら、まだまだ使えるこのマットを喜んで持っていく旅人がいるはず。


また誰かの旅についていって、世界のどこかで使われるのかと思うといい寄付だと思えた。
















お腹破裂しそうなほどたくさん食べてしまい、それから部屋に戻って明日のために早めに寝ることに。


みんな夜遊びに出かけているのか6ドミの部屋の中には誰もおらず、のんびり暖かいシャワーを浴びてベッドに入る。


あー、これがヨーロッパ最後の夜かよー。

色んな思い出が蘇るなぁ。




とにかく明日は6時起き。


早めに寝て明日からの移動を頑張るぞ!!







って忘れてたけど夜遊び行ってたら帰ってくるのがドミトリーだよね!!!



23時くらいにガターン!ってドアを開けて帰ってきたあのロシア人。


ケータイで音楽流しながらバタンバタンってなんの遠慮もなく音を立てまくって荷物を置き、ドスーンとベッドに横になった。



い、いやぁ…………すげぇよなぁ、欧米人のこのドミトリーで静かにしないという競技…………



夜中の1時くらいに帰ってきたアラブ系のやつなんて、部屋の中全員寝てるというのにマジで1ミリもためらうことなく平然と電気をつけてドスドス歩いて着替えたりしてた。


寝ながらめっちゃストレスたまる。



次の日、カンちゃんと2人でげっそりしながら、マジで今後ドミトリーやめよう……って話したのは言うまでもなく。




うーん、旅っぽくなってきたのかな!!




長かったヨーロッパ編!!

これにて終了!!!



次の場所に行くぞ!!!



スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
世界一周カテゴリーと、海外旅行カテゴリーに登録しています。
よかったらお好きな方をクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓