スポンサーリンク





ハルシュタットで歌ってみよう



こんにちは!神田です。




最近気温がぐんと下がって寒いくらいです。

そうなるとますます車中泊が快適すぎて、目覚ましかけないと二人して余裕で10時間とか起きません。




フミくんは寝るのもったいない派。

「もし1日に8時間寝たら人生の3分の1を寝てることになるんやよ!?
もったいないもったいない。あああこんなに寝てしまったああああ。こんな毎日ダメやああああ。」

めったなことでは昼寝もしません。





私は寝るのって幸せ派。

「あー1回も起きずにこんなにいっぱい寝ちゃったー。疲れてたのかなー。ぐっすり眠れて嬉しいなー。」




おわり









2017年9月4日(月曜日)
【オーストリア】 バートゴイーザーン ~ ハルシュタット





目がさめて車から出ると久しぶりの青空が広がっていた。





うわー、めっちゃ気持ちいいな。


秋晴れの冷たい空気を胸いっぱいに吸い込むと、体の中から影が消えていくみたいだ。


寝ていたのはバートゴイーザーンというひなびた田舎町の駐車場。












この朝にちょいと用事があったので、そこらへんでワイファイを拾ってスカイプでとあるかたとビジネスの話をし、それから少し散歩をした。


バートゴイーザーンは特に目立ったものもない田舎町なので立ち寄ったことはなかったんだけど、うん、本当何もない。














お店がパラパラと散らばっているだけで人もほとんどおらず、なんでもない田舎の小さな町。

たまにサイクリストがレストランでご飯食べてるくらいだ。




でもそんな人に知られていない素朴な町の風景に心が休まる。





学校帰りに寄っていた駄菓子屋でもありそうな曲がり角の向こうから、緑色の羽根つき帽にチェックのシャツ、それに革のハーフパンツというこの辺りの民族衣装を着たおとぎ話の小人みたいな人がぷらぷら歩いてくる。


なんでもない、オーストリアの素顔がある。


知れば知るほどにオーストリアはおとぎ話の世界だなぁ。



























路地裏に、これやってるのか?っていうような目立たないケバブ屋さんがあったのでそこで朝昼ご飯にした。


ドネルのゴイーザーナースタイルっていう、この町オリジナルみたいなのがあったので注文してみると、いつもカリーワーストにかかってる甘いカレーソースのケバブが出てきた。





うん、たまにはこういう変わり種もありかな。

でも普通のやつのほうが美味しいけど。


値段は3.8ユーロ、500円。
















さて、気持ちいい散歩をしてご飯も食べたところで、いざハルシュタット行くかー!!





山々に囲まれた森の中の一本道を走っていくと、やがて左手に美しい湖が現れる。


切り立った崖が湖面からそそりたっており、その谷間谷間に小さな集落が見え隠れする。


山と湖に閉ざされた僻地なので、きっとこの辺りには独特な風習が残ってるんだろうなと想像させてくれる。





おだやかな水が宝石みたいにきらめき、神秘的な怪しさと爽やかさを併せ持っているこの湖の名前はハルシュタット湖。


この湖の奥地にハルシュタットは存在する。











僻地らしい、信号機つきの細くて長いトンネルを走り、崖を突き抜ける。


すると一気に観光地らしい風景に様変わり。



もうそこらじゅうに溢れる中国人中国人、韓国人、中国人。


笑えるくらいアジア人まみれ。


いやぁ、ハルシュタットは相変わらずアジアだなぁ。

この前のツェルアムゼーはアラブ人に占領されてたし、コマーシャル次第で観光客も面白いくらい偏るもんだ。






このあたりはめっちゃ田舎ではあるんだけど、ハルシュタット周辺には無料で路駐できるような場所は皆無なので整備された有料駐車場に止めるしかない。


値段は1時間3ユーロ、390円。
3時間までが6ユーロ、780円。
6時間までが8ユーロ、1050円。
1日チケットが12ユーロ、1570円。



高えけど、ウルトラ観光地なので仕方ない。





このだだっ広い大駐車場が3ヶ所もあるんだけど、ほぼ満車になるくらいの混雑。

さらには観光バスで日本人ツアーや中国人ツアーが雪崩のように押し寄せており、もうただのアジア。


中国人たちがギャーギャー!!大声で大騒ぎしてるのをかいくぐり、ギターを担いでハルシュタットに向かった。








































ハルシュタットのどこの場所で路上しようかなと考えていたんだけど、ポイントは2ヶ所。


ハルシュタットに向かう湖沿いの遊歩道か、ハルシュタットの村の中か。



車道から遊歩道に入り、景色を楽しみながら10分ほど歩いてハルシュタットの村に到着するんだけど、この遊歩道はものすごい人で溢れている。


お土産物屋さんもまばらなので、場所も決めやすそう。


ハルシュタットのささやかな村に入ると、土産物屋さんが増え、民家も多いので場所決めはちょっと気を使う。


まぁでもいつも町の中でやってるからな。俺はこっちのほうがやりやすい。






















というわけで村の中の路地の端っこでやろうかなーとギターを地面に置いてポジションの確認をしていると、向こうのほうから観光客を押しのけて車がやってきた。


ハルシュタットの村にはハルシュタットの住民しか車を乗り入れることはできない。



するとその車、かなり強引に観光客に迫りながら進んできて、俺の前を通る時もぶつかる勢いで近くを通ろうとする。



そして内輪差で地面のギターを踏み潰しそうになった。



うわあああああああ!!!!



間一髪、ギターを手前に引くのが間に合って破壊されることはなかったんだけど、ギターケースの端っこに思いっきりタイヤの跡がつくくらいめっちゃギリギリだった。


あと0.5秒遅かったら踏み潰されるところだった……………



こんな小さな村に道を埋め尽くすほどの観光客が毎日毎日毎日毎日やってくるんだから、地元の人からしたらウンザリって感じなのかもな。




















教会前や噴水広場なんかがあるけど、ハルシュタットにはホコ天らしいものはないので、とりあえず車の邪魔にならないように階段横のスペースでやってみることにした。


いやー、これはなかなか緊張する。


アジア人まみれで日本人も結構多い。


こんな超有名観光地、しかも俺の他にパフォーマーはいない。


緊張するなぁ…………ちゃんとウケるかなぁ。


日本人の女子大生に、なんかキモいのいた!!ってインスタにアップされないかなぁ。



ふぅ、リラックスリラックス、町の雰囲気を壊さないよう、ゆっくりいこう。



そうしてめっちゃ緊張しながら最初の1曲。


すると歌い終えたところで横から1人のおばちゃんがやってきて、いきなり10ユーロ札がギターケースに入った。



ぬぐおおおおうううう!!!

え!!マジ!?!?



素敵な音楽をありがとうねと言って、おばちゃんはあっち側にあるお土産物屋さんに戻っていった。

どうやらお店の人だったみたい。


やった!!地元の人に受け入れられたのはかなり心強い!!!


よおおおおし!!!気合い入れていくぞおおあお!!!!
















が、やっぱり予想通りの展開。


中国人と韓国人の写真撮影大会。


ものすごい勢いで何も言わずにみんなで写真を撮りまくり、サンキューも会釈も、もちろんチップもなしに去っていく。


その間に欧米人たちがパラパラとチップを入れてくれるんだけど、その様子を見たとしてもチップにはつながらない。


欧米人が入れてる様子を、今がシャッターチャンス!!って感じで撮っている。




戦場行くんですか?っていう巨大なカメラを首に何台もぶら下げた中国人が、色んな角度から写真を撮りまくり、カメラを変えてはまた撮りまくり、あまりにもすごいのでずーっとその人のこと見つめてた。


ずーっとレンズ越しに目が合ってる。


そしてしばらく撮りまくった後、モニターで画像を確認し、よし、みたいな感じでスタスタ歩いて行った。


俺完全に建物。


いやぁ、ここまでくると神経すげぇわ………………






でも正直、この前のツェルアムゼーでムスリムたちの写真攻撃をくらいまくった後なので、あれに比べると穏やかなもんだ。


俺の中で、路上中におちょくってくる人種ランキングで1位はアラブ人。


勝手に楽譜めくってきたり、体触ってきたり、喧嘩売るみたいに目の前に立ってニヤニヤ見てきたり、それがエスカレートしていくとマジでイラッとくる。


中東を旅してる時、東洋人差別にひたすらウンザリしたもんだ。歩いてたらいきなり頭がグンッ!てなるくらい髪の毛を引っ張られたりする。ニヤニヤしながら。


アラブ人は本当マナーが悪いやつが多い。





でも中国人はそんなこと絶対しない。


声がデカいし態度は横柄ではあるけど、中国人からは犯罪の臭いはしないもの。みんな真面目だ。


それに以前に比べるとチップを入れてくれる人も増えた気がする。

前は写真を撮って100人に1人が入れてくれるかなって感じだったけど、今日は30人に1人くらいは入れてくれてる。


韓国人も。


日本人は……………こっち見てヒソヒソ話しながら足早に通り過ぎていくいつもの感じ。



欧米人は本当たまーに写真撮っていくけど、その後にチップを入れないのは10人に1人くらい。

ほぼ全員入れてくれる。



インド人もほぼみんな入れてくれる。

インドって路上やるとめっちゃ入れてくれるもんな。
インド人って路上に対するリスペクトすごい。




人種でこんなに違うのって面白いなぁ。














そんな中、驚くことが起きた。


演奏に合わせて陽気な人たちが踊っていたんだけど、そこに車がやって来て、ゆっくり進みながら踊ってる人にドンと当たった。


当てられた人は顔をしかめながら道を開けていた。


村内ではクラクションが禁止されてるのかな。

だからってぶつかるのはすごい。


ハルシュタットの地元住民は本当に観光客にウンザリしてるんだろうなぁ。

















後半になって入りかたも良くなってきて、そろそろ最後の曲にしようかなーというところだった。


最初に10ユーロ札を入れてくれたお土産物屋さんのおばちゃんが、ニコニコしながら俺の写真を撮りに来た。


曲が終わると笑顔で拍手してくれ、それから少しお話したんだけど、さっき10ユーロもらったこともあったのでお礼にCDをプレゼントした。


いくら?と聞いてくるけど、さっきいただいたからこれはそのお礼ですと言った。



おばちゃんは、あらまぁ!!ありがとうね!!とニコニコしてお店に戻っていった。




最後にちょこっと良いことできたかなと思って荷物を片付けていると、少ししておばちゃんが戻ってきて俺に何かを差し出した。


それは20ユーロ札だった。




「ちょっ!!そういうつもりでCD渡したんじゃないです!!!」



「わかってるわよ。私は素敵な音楽を楽しませてもらったの。ありがとうね。」




おばちゃんはニコニコしながらまたお店に戻っていった。


そんなつもりじゃなかったのに……………





短い出来事だったけど、心から何かをしたら心からのものが返ってきた。


人に良いことしたら良いことが返ってくる。

悪いことしたら悪いことが返ってくる。


なら現在自分の身に起きていることを考えたら、自分が普段やっている行動が見えてくるってことだよな。


笠地蔵。自分を省みよう。







お爺ちゃん渋すぎる。








こんな絵本の中の人がいっぱいいる。



帽子素敵すぎ。







若者もめっちゃカッコ良い。




美男美女でスタイル良くて英語ペラペラでめっちゃフレンドリーで、この服装。


オーストリア人って本当バランス良い。


カンちゃんがちんちくりんにしか見えない。





「よし!!こうなったらもう俺たちもオーストリアの帽子買ってオーストリアっぽくなる!!?」



「小人の仲間入りしようか!!」




結構似合う。






神田も似合う。






でも高いのでやめときました。5000円くらいする。


























ハルシュタットどうかなぁ。


あんまり大きくは稼げないけど、毎日日替わりで観光客が来るのでいつまででも出来ることは出来る。

でも他の町に行ったほうがもっと大きく稼げるしなぁ。



どうしようかなぁ。

このバートイシュル周辺って他に稼げる町がないから、ハルシュタットがいい感じだったらめっちゃ便利なんだよなぁ。


悩むところだけど、明日までやってみようかな。


























車を走らせてスーパーで食材を買い出し、綺麗な湖沿いのパーキングで乾杯。


おとぎの世界みたいな風景を眺めながらカンちゃんが作ってくれたご飯を食べた。



今夜のメニューはツナマヨパスタ。





めっちゃバッグパッカーメニューだけど、カンちゃんが作るといつも安宿で俺が作ってた味気ないツナマヨとは大違い。


やっぱりダシが入ると違うなぁ。




「カンちゃんめっちゃ美味しい!!コンビニのツナマヨおにぎりみたい!!」



「あああ!!おにぎり食べたいー!!」




おにぎり食べたい。

唐揚げくんと昆布おにぎり。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


群馬のホテルをアゴダでとってくださったかたがいました!!


昔よく太田の駅南にある巨大風俗街、南一番街で歌ってました。


あそこすごい異様なところです。かつて賑やかな商店街だったのが時代の流れで衰退してシャッターストリートになり、そこに風俗店が入って今では北関東随一の大風俗街。だけど見た目は普通の商店街の作り。

初めてあそこに行った時、ビビりました。


裏路地にあるバーに入り浸ってたなぁ。


この前数年ぶりにあのバーに行った時、ガラスが割れて廃墟になってたけど、あそこでライブの本当のすごさ、面白さを学ばせてもらった。


ちなみに風俗には行ってません。



どうもありがとうございます!!

スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
世界一周カテゴリーと、海外旅行カテゴリーに登録しています。
よかったらお好きな方をクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓