スポンサーリンク





飛行船の下に流れる時間



こんにちは!神田です。

一緒に旅してた「旅するにこいち」ののりくんとゆきちゃんがその時の様子を最近ブログに書いてくれてて、私たちふたりのことを褒めすぎて縮こまってます。

のりくーん、ゆきちゃーん!
私たちの正体ばらしてもいいんやよーー!!!

とか言いながら、こんなに褒められることなかなかないからブログ見ながらにやにやしてしまってる私たち。



おわり








2017年7月30日(日曜日)
【ドイツ】 フリードリヒスハーフェン






町は静まり返っている。



昨日、おじさんが植木を刈った切りくずがアスファルトに散らばっていた。




お店は片っ端から閉まっており、車もほとんど走っておらず、人の姿もない。




フェスティバルの屋台を出しているヒッピーたちが寝泊りしているパーキングでは、頭をドレッドにしてゆるゆるの服を着た人たちがアスファルトの上に座り込んで足の爪を切っている。



パチン、という音が聞こえて目をやると、バンの前に置かれた鉢植えの植物が、太陽を浴びていた。














日曜日で町はゴーストタウンになっているけど、フェスティバルは引き続き行われているよう。



みんなもこれから出勤しに行くんだろう。



バンの中を改造して作ったキッチンで、ヒッピーの女の人がご飯の支度をしていた。
















一応、ギターを持って町に向かった。




空を見上げると、真っ青な空に丸い物体が浮いてるのが見えた。





あれは飛行船だ。


そういえばこの町のいたるところに飛行船のモニュメントがあったのを思い出した。



ツェッペリンという文字も色んなところで見ていたし、どうやらこのフリードリヒスハーフェンは飛行船の町として知られているよう。








海のように真っ青な空を、一艘の飛行船がゆっくりと漂っている。


音もなく、変な夢の中みたいに静かに。


その下を、ギターを担いで歩いた。















町のホコ天までやってきたけど、やっぱりお店はすべて閉まっており、静寂だった。


湖沿いの遊歩道まで行けばフェスティバルの賑わいはあるんだろうけど、そっちまで足が向かなかった。



きっとあっちで歌っても人ごみと他のパフォーマーに紛れて反応は薄いはず。


それだったら今日は喉を温存して、また明日からに備えるほうが効率的だ。



今日もいくらかは稼げるだろうけど、損して得をとろうかな。
















ひとまず何か食べようとご飯屋さんを探した。


今日は日曜日。


スーパーも閉まっているので食材の買い出しができず、外食するしかない。



それにしても高い。


いくつかのカフェとケバブ屋さんがあったんだけど、このフリードリヒスハーフェンはスイスからやってくる観光客で成り立っているような町なので、他のドイツの町よりも物価が高く設定してある。


ドネルケバブが4.5ユーロもする。580円。



他の店も色々見て回ったけど全部高く、なんとなく決めきらないまま町をふらふらしていたら時間を無駄にしてる気がしてなんだか虚しさに襲われた。





せっかくの路上の休みの日。


しっかりとネット作業をしないといけない。



旅中ではあるけど、なんもしないでボーッとしてるだけの日なんてもったい。


路上して、観光して、日記をちゃんと書いて、充実した毎日を過ごさないといけない。




カンちゃんは基本のんびり行こうよーっていう性格なので、フミ君ていつも忙しそうにしてるよねーって言われてしまうけど、色んなことを自分に課すのはいいことだと思う。


自分を追い詰めなければ、成長はない。



なにもしないで時間を浪費していたら、自分はダメな人間だと気が滅入ってしまう。



やるべきことは腐るほどある。


ひとつひとつクリアしていかないと。

















結局そこらへんのファストフード屋さんにあるカリーワースト&フライドポテトで手を打ち、あんまり美味しくないご飯を食べた。


ワイファイがあったのでこの店を選んだのに、実際店員さんに聞いてみたらワイファイは無いと言われた。



店員さん専用のワイファイってパターンはよくあるけど、もうお店を変えるのも面倒くさかった。











仕方なく1.5キロくらい歩いて郊外のマクドナルドに行き、コーラでも飲みながら3時間無料のワイファイをしようとしたんだけど、今度はあまりにも速度が遅すぎてまったく作業にならない。


ブログ作業に入る準備すらできない。




その間も時間はどんどん過ぎていく。



はぁ、貴重な休みがどんどん終わってしまうなぁ。

なんにもしてないのに。
















最終的に1時間半無駄にしてから町の中に戻り、道端に飛んでいる野良ワイファイを拾ってそこらへんのベンチに座って作業した。


多少は使えるワイファイだったのが救いで、これで作業も少しは進んだ。


人生の時間を無駄にするという罪悪感を、少しは薄めることができたかな。









今日休んだ分、明日は頑張って歌おう。


旅していようが何してようが、無駄な時間なんてどこにもない。

スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓