スポンサーリンク





毎日ヘトヘト。土って買うもの

こんにちは!神田です。



ゴミの日、だいたい8:30までに出さないと間に合いません。

毎週月曜日と木曜日が燃えるゴミの日で、火曜日と金曜日がプラの日。
で、第1と第3日曜日が瓶と缶と紙とペットボトルの日。

ゴミ捨てる日少なくて困ると思ってたけど、ゴミの日は8時半には起きないと、て思うと
だいたいゴミの日やし!!!早起きばっかり!!!フミくんも起きて!ずるいから!!
て感じます。

勝手な話ですよね。



おわり



 




どうもこんにちは!!!




いやぁ…………今日は疲れた…………



マジで体ボロボロです…………




でも充実した疲れではあるんですけどね。


毎日、頭も体も目一杯使って、人に揉まれて、疲れ果てて寝るっていう、本当今までの人生の集大成みたいな日々を送ってます。









最近の毎日のスケジュールはこんな感じです。




★朝イチ、カンちゃんを自動車学校に送っていく。




★そのまま市役所に行って、まだ朝礼前の建築住宅課に15回目くらいの殴り込み。




★それから美々津に戻って友達の軽トラに乗り換えて古民家の解体で出てきた大量の木くず捨て。




















日向市民であれば市のリサイクルセンターや清掃センターが無料で受け入れてくれます。









ただ、ひと月にコンクリートガラなら土嚢袋4袋、瓦も4袋、って感じで搬入制限があったり、木材は50センチ以下にカットしてできる限り釘を抜いてください、なんていうルールがあるので注意です。


友達と丸ノコで切りまくりました。









ゆうきサンキュー!!





★木材を捨てたら日向中の造園屋に電話かけまくって、地ならし用の土を売ってるところを探す





★友達の2トントラックに乗り換えて土購入。1リューベー2000円。2リューベー購入。















★鬼のバケツ手降ろし








マジ死ぬほどしんどい…………2リューベーって結構ありますよね…………


隣にあるカフェさんがあまりにも俺たちが死にそうな顔をしてるので差し入れくれました。




あああ…………冷える…………







★茹でタコみたいな顔して作業してたら役所の環境政策課の人が来て、本当に自分たちで作業してるのか抜き打ちの現地調査をされる。


さっき清掃センターに廃材を持っていった時に、家庭のゴミとは思えない量だったので職員さんに疑われたんですよね。



「これ、業者さんがやったものですか?」



「いえ、個人でやってます。」



「こ、これ個人でこんなにカットとかもしたんですか?」



「はい、そうです。」



ってな感じ。


あんまり量が多いのでオフィスの中に入って書類書かされて、積み荷のチェックもされました。




市民のための清掃センターとかリサイクルセンターはあくまで家庭のゴミが対象なんですね。


業者が入ってる工事現場の廃材は産業廃棄物扱いになるので、ちゃんと有料で処理してもらわないといけない。


もちろん僕らはそれを知っていますので、自分たちで作業して出たゴミだけそうした無料の施設に持っていってます。


でも中にはゴミ処理代を浮かそうとして、一般人を装って産廃を捨てに来る悪い工事業者なんかがいるそうで、それでトラブルがよく起きてるんだそう。


なので、俺たちの現場が本当に俺たちだけでやってる場所なのかどうか、抜き打ちで調査に来たみたい。


怖ええ…………

これで嘘ついて思いっきり大工さんと作業してたらめっちゃ怒られるんだろうな。





★畳の撤去




昔の本物の畳マジで重い。




★コンクリートガラの袋詰め





★作業を終えたら家に帰って水浴びてブログの更新





★クラウドファンディングの支援者180人全員にひとつずつお礼のメール送信とリターンの内容打ち合わせ




★リターンの中の写真集・エッセイ本の編集





★お店のメニュー考案





★カンちゃんは自動車学校のテストの勉強





★疲れ果ててバタンキュー











こんな感じの毎日です。


他にも色んなやるべきことがドンドン出て来るし、法律のことちょっと勉強して役所や保健所に交渉に行ったり、ほけんの窓口に行ってこれからの生命保険の相談したり、クラウドファンディングのリターンの打ち合わせしたり、




空いてる時間で知り合いの居酒屋さんに行って料理やお店経営の勉強。


魚市場の現場にも行かせてもらったり。
















お店の裏側めっちゃ勉強になる。






マジでやることが腐る程あるので大工さんや設備屋さんに仕事丸投げできたらいいんですけど、今回こうして業者さんと関わってみて思ったのは、キチンと施主も工事のことについて勉強してある程度対等に話ができるようになってないとマジでダメってことです。


大工さんに全部お任せして、提案された工事内容や取り付け器具に対しても全部お任せで、値段に関しても、あぁ、そんなもんなのかねぇ、って言いなりになってたら絶対ダメです。


それぞれの物の値段や相場を知っておくことで不透明な工事代金について話し合いをして減らすことができるし、ちゃんとイメージ通りのものを作ってもらわないといけません。




やっぱり業者さんは自分たちの付き合いのあるところの商品を使いたい。

でもそれが自分たちの趣味じゃない場合だってもちろんあるわけだから、キチンと話し合いをしないといけない。


あくまで施主は自分たちなんだから、ワガママは思いっきり言うべきです。



まぁ相手は地元の業者さんなので、あんまりガツガツいくと嫌われてしまうのでほどほどに…………





こんな話があります。


僕の友達が家の電気工事をしてもらった時に、あまりに色々なことがズサンなので1回ちゃんと見積もりを作ってもらったそう。


そしたらその見積もりもまたテキトーなことばっかり書いてて、驚いたのは工賃と日当を別枠で書いていたんだそう。



工賃と日当、同じですからね。



こっちが素人でどうせなんも言って来んやろって思ってテキトーなことばっかり書いて工事代金を水増ししようとしてくる業者ってのはどこにでもいるもんです。


業者の言いなりにならないよう、キチンと物の品番を聞いてネットで調べたり、工事の工程なんかを勉強して意思疎通しながら業者さんと工事を進めていきたいですね。



いやー、昔鳶職やってた経験がマジで活かされてます。








なにより、持つべきものは友達です。


地元にいる昔からずっと遊んでる仲良しグループのみんな。



農家とか電気工事と漁業とか、それぞれが田舎の仕事のエキスパートだから、マジでみんなたくましい。


家に電動工具とか機械いっぱい持ってるし、だいたいみんなコンクリートの打設の仕方くらいわかってる。


みんな男らしくてカッコいいなぁ、大阪の女友達が来たらみんなすぐ惚れそうやわーってカンちゃんも言ってます。



若い頃にヤンキー車で遊びまわってたみんなと今もこうして一緒に何かできてることがめっちゃ幸せです。


仲間はいいなぁ。


やっぱり幼馴染ってのは、色んな友達の中でも特別な存在ですね。





瓦割りやってみました。



こんな感じで楽しく作業しています。








さてー、登記変更も完了し、めっちゃボロボロの状態ではありますが、正式にマイホームをゲットして数日。


この家を自分の好きなようにしていいんだなぁと思うとめっちゃ感慨深いですよ。


金丸、っていう表札を掲げていいんですよ?この家に。




表札ううううううううううううううううう!!!!!


カマボコ板で作ろうかなあああああああああああああああああああああ!!!!!!!






よーーーーーし!!!!明日もいい汗かくぞおおおおおおおおおおお!!!!!









スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓