スポンサーリンク





えー、お腹がですね……

こ、こわれてないもん!!
ちょっと頻繁にお腹が痛くなって柔いのが出るだけだもん!
一度もお腹を壊さないで一周してやるって決めたのに、たった一日で終了するわけないやんー(^_^)

あー、トイレ行ってこよ。




7月1日 日曜日

韓国人はやかましい。
声がでかい。
女の子スタイルいい。

船内放送が流れる。この船はこれから9時に韓国のトンへ市に入港し、6時間の滞在を経てウラジオストクに出発する。


陸地が見えてきた。
はじめての海の外の地。知らない言葉を話す人たちが住んでいて、知らない文化が営まれている。
まるで古の旅人になったかのような、壮大な物語が待ち受ける予感。

船を降りてターミナルでカードを書く。
一時的なものでも入国は入国。
ということで俺のパスポートに刻まれた初めての国は韓国ってことになった。

青木さん、別木さん、ショッペーの4人で駅に向けて歩く。
寂れた港町。境港と同じような感じかな。建物は古く、日本の昭和の町並みのよう。民家はさらにボロい。

青木さんと別木さんはここでお別れ。彼らは韓国を旅する。
お別れの前にみんなでご飯を食べに食堂に入った。


えー、


………メニューが何書いてるか一つもわかんないんですけど(´Д` )
そりゃそうですよね。日本の食堂でメニューに韓国語訳を書いてるとこなんてほぼないですもんね。

別木さん
「メンミョンジュセヨー。」

別木さんは何度も韓国に来てる韓国マスター。ハングルペラペラ。
青木さんも普通に朝鮮日報を読んでる。

うわー、みんなすごいよ。

んで、俺はビビンバ。
6000ウォン。
え?お金ですか?
あるわけないじゃないですか?

どうしたかって?


別木さん!ゴチになります!
ありがとうございました!

海外で食べる初めてのご飯。
日本風じゃないからあんまり美味しいとは思わないけど、人間が食べるものなんだからきっとこれも慣れるさ!

photo:01




青木さん、別木さんと連絡先を交換して彼らを見送った。たった一日だけど、寂しい。そして心細い。当たり前だけどそのうちショッペーとも別れてひとりになる。
別れがあれば新しい出会いがあるはずさ。


港に戻り、改めて出国手続きをして船に乗り込む。
ここで早速新たな出会い。アイルランドから来てる兄さん、ウィービー。
ショッペーと会話が盛り上がっている。俺はそこに入っていけない。だって英語だから。ショッペーはICUの学生だから英語ペラペラ。だからウィービーも気を使わずにペラペラ。俺涙ポロポロ。

夜も3人で色んな話をした。
さっきに比べてほんの少しだけ理解できるようになった。
船の中は圧倒的にロシア人が増えた。あとは韓国人と少しの欧米人。日本人はほぼいない。
船内を飛び交う言葉の中に、日本語はない。
もはや日本語を話すことさえ不自然に感じてきた。
こうやってずっと知らない言葉の中にいれば、自然と慣れて、話せるようになってくれるはず。
そう信じる。


部屋に戻って日記を書く。
夕日がとてもきれいだった。
誰もが写真を撮り、歓声をあげる。
水平線に消えていく赤い球体。
地球の営みの壮大さを感じずにはいられなかった。

photo:02



スポンサーリンク



ブログのランキングというやつをやっています。
世界一周カテゴリーと、海外旅行カテゴリーに登録しています。
よかったらお好きな方をクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


旅の動画、6000円の世界一周日記、コンタクトはこちら ↓


世界中のホテルが予約できるサイトです。
家族旅行もバッグパッカーも、ここから予約してくれたら僕にアレがアレなのでよろしくお願いします! ↓↓